唐揚げと小松菜と切干の復習  Onさん(44-1)です

IMG_4366かりっと揚がっています。 食べてみて肉汁が溢れるほどにあれば揚げ過ぎではありませんので大丈夫です。 衣のカリッと感が大事ですのでこげ苦くならない程度で火を強めて下さい。キャベツをもっと沢山食べられるように細く長く刻みましょう。

IMG_4374 この器に対しては少なすぎます。 盛っている途中のようです。 軸もしっかり魅せられるように盛りましょう。

IMG_4376割山椒という器なのですが、これは汁のあるものには向きません。和物や向付にする器ですので。汁を飲めるような鉢やそば猪口のようなものを用意しましょう。
柔らかく優しく炊けていますね。揚げも魅せましょう。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. 香華 のコメント:
    中川さん、早速見ていただきありがとうございました。
    割山椒の器は思い切って投稿して良かったです。
    やはり向かないのですね。勉強になりました。
    キャベツの刻みの練習、盛り付けも次回意識します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です