中川式玄米の炊き方指導1430 Kaさん(27-2R)です

IMG_04002回めですね がんばりました。
いろいろと見直しながらトライアンドエラーを繰り返しての炊飯は絶対にあなたの実力になります。
投稿の感想文章のなかにとても素敵な箇所がありました。 私は膝を叩きなが「らうんうんそやがな!」とつぶやきました。
それはここです。
—しかし、保温時間の適正化の課題もあります。夫から、ステンレスカウンターの上にダンボールを載せただけでは冷気の遮断には不十分では?という助言があり、ダンボールの下にバスタオルを敷く予定です。—
これですね。私は一番最初から蒸らしはステンレスや人工大理石などの熱気を奪う素材の台の上ではしないように厳しく申し伝えて来ましたね。 覚えていますね。
そこであなたがとった行動はダンボールを敷いて断熱しようとしたのです。
自分ではそれでいいと何年も行って来たのです。 誰も違うと指摘してくれなかったから。
ところがご主人ができて冷静に男子目線で「ダメなんじゃない?」という新しい視野を与えてくださった。 良かったですねぇ結婚して。 つくづく思います。

この際ですから言っておきますと、ダンボールをカウンターや調理台の上に置くということはスリッパをキッチンやテーブルの上におくのと同じです。
いくら未使用でもスリッパやトイレの便座カバーをテーブルやキッチンには置きません。
いくら拭き掃除をした直後でも階段や床にお茶碗やお皿やお箸置いて食べませんよね?
以前にも誰かに教えましたが、カミとシモの使い分けが出来ていません。
しっかり区別しましょう。
50点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. 東子 のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございました。

    3回投稿したかったのですが、なかなか炊きあがりが改善せず、チャンスを1回逸してしまいました。
    まだまだ要研究の日々が続きますが、引き続きしっかり玄米と向き合っていきます。

    どうもがさつなところがある私です。カミとシモの区別、しっかりと意識します。

    夫は工夫するのが大好きな人で、色々な改善のアイデアを提案し実行してくれます。炊飯についても、悩む私に理系目線でアドバイスしてくれます。本当に結婚したことに感謝です。
    私の未熟な玄米ご飯を美味しいと食べてくれますが、もっともっと美味しい炊きあがりのご飯を食べてもらうため、これからも頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です