中川式玄米の炊き方指導1421  Isさん(25-2R)です

IMG_5855_3R投稿二回目ですね。
一番難しい春炊きを会得するべく研究されています。
投稿メールに書いてあった長い21番については着眼点は間違ってないと思います。
さぁその着眼点どおりに炊けているのか? というと少し微妙ですね。
みずみずしく炊けるのと、皮と胚乳が解離して柔らかいのは少し違います。
火加減をしっかり上げて、この炊飯時間にすれば良い焦げが付いていると思うのですが皮が気になります。
どこに行けばいいのか判らない水が、米の中にたっぷりはいったのは良いけれど皮が同じように膨れて伸びてくれなかった。とでも言えば理解出来るでしょうか?
愛クラスのデモはそこの点を見抜いて欲しかったです。
無理に水の量をデモとおりに揃えなくてもR投稿ですから、私はこの鍋で玄米ご飯を炊くなら「こう炊く!」というのを見せてくだされば良いのです。
それから、春炊きのご飯を投稿するのでしたら、いつもと同じ暖色一面の茶碗を変えて見るのも1つの作戦ではありますね。
春になっても冬コートを着ているように見えませんか?
そんなおしゃれも美味しくする手立てなのです。
52点

.


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. 子象 のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。

    たくさんのアドバイスを踏まえ、3回目は「こう炊きました!」という投稿をさせていただきます。

    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です