中川式玄米の炊き方指導1268 これが本来の姿です

Naさん(72-2)です。
DSCN1228
つぶを感じる部分と糊状に潰れた部分とが混ざるべちゃ飯になりました。
これが異常なのでは無く、水900で炊いた場合の本来の姿なのです。
ということは、いままで900も水を入れて炊いて生煮え感があるつぶつぶ飯はいったいなんだったのか? ここをじっくり考えてください。
今私はあなたに答えを授けません。 考えることを止めるからです。
じっくり考えて次回の水分を800〜900の間で「自分で決めて」炊いて下さい。
考えるのです。脳から煙がでるくらい考えるのです。
49点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. ひろこ のコメント:
    中川さん

    早々にご指導ありがとうございました。
    考えます。
    脳から煙が出るくらい、真剣に。

    貴重なお時間ありがとうごさいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です