中川式玄米の炊き方指導1179 鍋のメンテナンスか初期不良をチェックしましょう

Taさん(74-2)です。
20130830_1火加減は強い目で、シューシュー言い続けているのが判ります。
しかし、投稿メールには吹きこぼれるくらい強火でシューシュー言わせているのにピンがマックスまで上がりきらないうちに吹きこぼれると書いてあります。
これはひょっとしたら、メンテナンス不良が有るかもしれません。
・グレイのアロマキャップが正しく装着されていない。
・グレイのアロマキャップにピンホール(小穴)が開いている。
・パッキンの劣化。
・吹きこぼれの米汁が固まって圧縮漏れを起こしている。
・鍋の初期不良。(けっこうあります)
ざっと見てこれらが考えられます。
鍋を買われてどれくらいの炊飯をされているのか判りませんのでご自分で判断してください。 消耗部品の劣化の可能性があるようでしたら直ちにストックのものと交換してください。  吹きこぼれの掃除をして、部品交換をしてもピンがマックスまで上がらないようでしたら初期不良か故障かもしれませんので、お買い求めになった販売店に修理依頼をしてください。
水実験は実際の炊飯をする時と同じくらいの水位まで水をはって模擬炊飯をすることです。
47点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です