中川式玄米の炊き方指導1154 柔らかいご飯に慣れましょう

Hoさん(3-3R)です。
IMG_3496美味しそうな焦げ色が付いていますね。 上手に炊けています。
いつもの炊きあがりと違うのは、再受講してチェックポイントを学べたのと、「投稿する炊飯だから!」といつもより頑張ってしまったからですね。 それは蒸らし時間や皮感の有無や飯肌の質感に非日常が産まれてしまうのです。
私の眼からするとこの作品は決して柔らか過ぎるとは思いません。
あなたにはもっと柔らかいご飯を食べていただきたいと思っています。
柔らかいと水っぽいは違います。 皮感が無いのと飯肌が砕けているのは違います。
そこらへんの機微はあなたにはもう解るはずです。
そろそろご自分の「おはる飯」を確立すべきでしょう。 協力します。
51点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. おはる のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。
    日常生活の中のおはる飯、追求します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です