玄米炊飯において「米が開く」とは

愛クラスに参加されて中川式玄米炊飯を学んで下さった方がまず突き当たるのが玄米ご飯の「皮感」です。
今までむそう塾や京都Macrobiotic Style なかがわで私の玄米ご飯を食べるまでは、「玄米ご飯はこんなもん」と思っていた認識が一瞬で崩れます。 あれ?これ玄米ですよね?
と、福ZENのお客様にもよく聞かれます。
先月の愛クラスの参加者の中にも玄米が開かずに難儀しておられる方が居られました。
ここに紹介するMさんもそのお一人です。
「あ〜この方は一番てこずるかもねぇ」という私と美風さんの予測通り、たいへん困ったちゃんの投稿が続きました。
そこで少し心の扉をこじ開けさせてもらってあら治療をしました。
嫌われるか、より自分を好きになって結果が出るか、賭けにも似たテコ入れをしました。
するとどうでしょう。 Mさんは見事心も米も開いて下さいました。
いまは自分で自分が???な状態で見ていて可愛いです。
ここからパスまでは簡単です。
皆さんに信じられますか? この2枚は同じ人が炊いた玄米ご飯なんですよ。
Mo69-5自分を理解すること、米と火と水の前でいかに裸になれるか。
ええかっこうしいの蟲をいかに殺せるか。
見栄っ張りをいかに無くせるか。
人の目を気にする癖を捨てられるか。

あたりまえのことばっかりなんですけどね。


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. あけねー より:

    中川さん
    こんにちは。
    いつもご指導ありがとうございます。
    パスを頂き、幸せコース、上級コースで学んでも尚、やはり一番大切なこと、核となるのは主食である玄米炊飯であることを痛感する日々です。

    >自分を理解すること、米と火と水の前で いかに裸になれるか。
    > ええかっこうしいの蟲をいかに殺せる か。 見栄っ張りをいかに無くせるか。 人の目を気にする癖を捨てられるか。

    愛クラスでパスポート取得を目指していた頃の自分を思い出します。
    全て自分に当てはまる言葉でした。
    これからも中川さんが教えてくださったこの言葉を胸に日々炊飯に向き合っていきます。
    ありがとうございます。

  2. りっきー51-3 より:

    中川さん、こんにちは。

    心でこんなに違う!驚きました。
    とても勉強になります。
    なった気になっているのではないか
    とも思ってしまいそうな私。
    パス持っているのが、恥ずかしいです。

    頑張ります!
    記事ありがとうございます。

    • nakagawa より:

      りっきーさん こんばんは
      コメントありがとうございました。

      むそう塾のパスポートは独自の「自由返納制」になっております(笑)
      いつでも返せますよ〜 

  3. 夏目 より:

    中川さん、こんばんは。
    心に響く記事をありがとうございます。

    むそう塾での基本は玄米炊飯。
    これは、愛クラスからスタートし、
    幸せコース→上級幸せコースと進めばすすむほど、
    中川さんのお料理の世界を知れば知るほど、
    陰陽料理の基本は玄米炊飯であるという氣付きが
    沢山あります。きっとまだまだ浅い認識でしか
    ないこともあるかと。。。
    愛クラスのときの私からどれだけ進歩できたのか?
    あの長い投稿時代を思い出しながら拝読させて
    いただきました。
    中川さんのご指導力。愛クラスの扉を開けたときから
    どんな投稿をしていくるのかわかるという、眼力。
    そして、炊きあがった玄米ご飯の写真から、
    実に様々な事柄が中川さんには伝わっていて(苦笑)
    なんとか、おいしい玄米ご飯が炊けるようになりたいと
    食らいついていた頃を懐かしく思います。
    今も、食らいついているんですけど(笑)
    マクロ美風さんのフォローも本当に絶妙なタイミングで
    ピンポイントで、無駄がありません。
    そんなお2人のフォロー力に、惚れ込んでおります。

    大切な主食、美味しい玄米が炊けるために、
    まだまだ、愛クラスからの宿題が残っていました。
    大切な記事をありがとうございます。

    Mさん、お先にコメント失礼いたしました。
    とっても美味しそうに、パンッ!と開ききった
    玄米に目が釘付けです。あと一踏ん張りですね。
    応援しております。私も一緒に頑張らせて下さい。

    • nakagawa より:

      夏目さん こんばんは
      コメントありがとうございました。
      ご自分の米が開いた時の事を覚えていますか?
      あれあれ?という感じだったでしょうが、あとから思うと、なんて簡単で自然なことだったのか?
      と感じ入ってしまします。
      いつまでも開いた時の感動を忘れなように炊き続けてください。

  4. Ya(32-1) より:

    中川さん、こんばんは。
    上手ではないので見ています(笑)

    久しぶりに自分の「玄米投稿の軌跡」を思い出しました。
    頑なで傲慢な心が、どれだけ周りに生かされているかに気づいた時、お米は初めて呼応するように開いてれました。
    Mさんもきっと何かを掴まれたんだろうなあと、何だか嬉しかったです。

    そしてあの頃と違い、パスポートのレベルはとても高くなったように思います。こんな優しいふうわりとしたご飯を炊ける澄んだ気持ちも、私に大切なことを教えてくれました。

    いつも自己ベスト更新を。
    その心意気と優しい気持ちで、もっともっと炊きたい。
    Mさん、そして中川さん、喝を入れてもらいました。
    記事をありがとうございます。

    • nakagawa より:

      Yaさん こんばんは
      コメントありがとうございました。
      見ちゃいましたね(笑)
      昔はもっとパスポートのハードルは低かったとおっしゃる方が居られますが、それは違います。
      昔はその分、鍋の性能が低かったのです。 ですからそれを補う技術やタイミングがシビアに要求されたのです。
      今はずいぶん鍋の性能が助けてくれるようになったのです。
      どんどん自己ベストを更新し続けてください。

  5. mikayan725(66-2) より:

    中川さん

    こんばんは。
    記事にして頂いたMさんの
    玄米の写真の違いの凄さに驚き、
    ご本人の変化もすさまじいものと想像します。

    未だ自分の殻から抜け出せないので、
    お手本にさせて頂きたいです。

    • nakagawa より:

      mikayanさん こんばんは
      コメントありがとうございました。
      あなたもこの激変を見せて下さいね。毎日毎日待っています。

  6. Mo(69-5) より:

    おはようございます。
    昨日この記事を拝見した時は、
    自分の事とはまさか思えず、
    でもパスポートを頂いてようやく
    あ、私の事だ。と思えました(遅くてすみません)

    先輩方が、私の投稿を通じて色んな事を
    感じてくださっていたことも、大変驚いています。

    何がどうなった、というのはわかりません。
    でも、自分でも認めたくなかった自分を
    玄米投稿を通じて教えて頂いて、
    そんな私でも、ドーンと両手を広げて
    待っていてくださるお二人のふところに
    子供のように走って飛び込んだ、
    という感じです。

    あぁ、やっぱり、なんと言ったらいいか
    わかりません。すみません。
    お伝えしたい事は山ほどあるのに…

    お二人の大きな愛情に、
    出会えたことに本当に感謝します。
    言葉足らずですみません。

    美味しいご飯を炊き続けて、
    心も体も健康になって
    必ず、また会いに伺います。

    また泣いてしまうかもしれませんが
    泣き虫〜と笑って下さいね。

    • nakagawa より:

      Moさん こんばんは
      良かったですね。
      パスをとってしばらく経ちますが、毎日ふうわりと炊けていますか?
      大丈夫ですね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です