桂剥き投稿2022  Asさん(103-2) 1

初投稿ですね がんばりましょう。
Air桂剥きはかなり正確にできています。 Air桂剥きが正確にできると言うことは大根も必ず薄く均一に剥けるようになります。
なぜ剥けないか? 練習していないからです。 シンプルですね。
Air桂剥きができない場合はすこし厄介です。運動神経の問題が考えられるからです。
でもその心配はあなたにはありませんので良かったですね。
動画を撮影するときは両手が画角に入るように撮影してください。 大根と刃しか写っていないので指導に私の想像が入ります。 確実に見て指導したいのでもうすこし引いて撮影しましょう。
現状でおそらく間違っていない指導をすると、右脇をギューッとしめて右手全体を力いっぱい力ませて剥いています。 Air桂剥きとは全く違いますね。
この力みと脇の締めをなくさない限り逆パイロン剥けは治りません。
Air桂剥きのように大根を剥く。 練習しましょう 練習は嘘をつきません。
練習はごまかせないのです。
包丁砥ぎも練習しないと切れ味はすぐに鈍ります。 鈍った刃で剥く練習をすると怪我をするからです。
包丁砥ぎも赤ペンも動画に撮りましょう。 やるなら徹底的に練習しましょう。
お茶を濁す なんてもったいない時間の使い方なのです。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。