鱧骨切り特訓講座の復習  Kaさん(93-4)

包丁の傾きがかなり修正されてきました。 その結果ミンチが飛ばずに1ページが薄くなりました。 やっとここまでたどり着きましたね。
あと、気になるのはスタンスの位置です。
包丁の角度を気にして正しく修正するときに手や腕だけで修正しているのでは?
画角がアップなので切っているときの肘や肩が見えないのではっきりは言えませんが、カマの部分を切る初期でも包丁の先から肘の骨のとんがりまで一直線につかえていますか?
真ん中から肛門下の部分を切るときには違和感無く切れているのでそこと初期を比較してみてください。
真ん中を切るときとカマを切る時のあなたのボディポジションが同じ位置に見えます。
以前はそれが原因で包丁の角度が寝すぎてしまってましたよね? で、今回その寝過ぎを修正はできているのですがボディポジションが同じということは懐が開き過ぎか、上半身を前屈しすぎているかなのです。
前屈と前傾は違います。 前屈をし続けているとかならず腰痛が起こりますのではやめに修正しましょう。
もうすこし引きの画角で顎辺りまで写るように撮影してみるとわかりやすいと思います。
懐を開ければ開けるほどいいんだ! な〜んて今頭の中に無いですか?
懐は私のげんこつで1個分、あなたのげんこつで2個分くらいまでが適正です。

今までで一番美しく骨切りができていますね 皮の半分まで見事に刃が降りています
合格です
これで良いのです  もうすこし焼いてからひっくり返しましょう
もう少し焼いたら狐焦げするようでしたら1段下げて焼くかコックをすこし絞ります
一流の鱧寿司ができています  合格です


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. 京子 より:

    中川さん、ご指導ありがとうございます。

    そして骨切りと鱧寿司の合格嬉しいです!!

    ご指摘の通り懐は広い方が良いと思っておりました。
    昨夜動画をお手本と見比べてようやく広すぎるのでは?と疑問を持ちました。

    次回はカメラを変更してもっと写るように撮影します。

    心配していた鱧の入荷もありましたので、明日の鱧しゃぶが成功するように頑張ります!!

    • nakagawa より:

      京子さん   コメントありがとうございます。
      鱧納め 楽しみにしていますね。
      ご家族でお楽しみください  美味しいが一番!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です