鱧骨切り特訓講座の復習  Kuさん(92-4)

三角骨をまだ一気に引ききれないのですね。 左右の手がバラバラでギコギコ少しずつ切っていくのでは無く、左右の手を接触させて一体にして肛門まで一気に引きましょう。 その方があとの豚鼻処理がきれいに精密にできるのです。 まずはここが大事と最初から指導しています。 ここを完璧に。
骨切りは鱧のサイズが大きくなってきて産卵が済んで一気に骨が硬くなってきました。
今回5本練習されたと書いてありましたが、5本骨切りする間に何回包丁砥ぎをしましたか? 1本目から骨を切る音が鈍いのですごく気になります。 小さい鱧で練習できるときは勢いでなんとか骨も切れていましたがここからはそうはいきません。 しっかり包丁砥ぎをしてシュッと鋭く骨を切りましょう。
もうシーズンも終盤です 鱧の下処理動画だけでなくお教えしたたくさんの鱧料理を作りましょうそして投稿しましょう。 下処理だけでシーズンを終えないようにね。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. 未佳 より:

    中川さん、ご指導ありがとうございました。

    至らぬ投稿でお礼もなんと言っていいか分からず 遅くなり、申し訳ありませんでした。

    診てくださり、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です