桂剥き投稿2020 Seさん(129-1) 10

Air桂剥きは左の送りが始まってから定規を上げていますね。これは大根ではありえませんよね? まず定規を上げ始めて刃先が大根の細胞を切り始めてからじっくり長く送り込むのです。 それを定規と紙でも再現できないとAir桂剥きは練習にはなりません。
おそらく大根を剥くときの抵抗感もそのタイミングに原因があるのかもしれません。 まずは上げて切り始めるそれからおもむろにじっくり長く送り始める。 これです。
これができると大根が「硬い野菜」から「柔らかい野菜」に瞬時に変身します。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 129-1 めんでぃ のコメント:
    ご指導ありがとうございます。
    左右のタイミングを細かくチェックして、大きく動かせる様に練習致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です