鱧骨切り特訓講座の復習   Isさん(85-1)

もう初心者では無いので、中骨に沿って出刃を引くところをもっとスムーズにソリッドに。  ヘタそうに見えますw はったりでもよいので上手そうに見せましょう。魅せるのです。 あとは大丈夫 スムーズですね。
骨切りは力んで手首が硬いので左身(手前側の半身)に刃が降りていません。
だからすごい長い骨が残ったりするのです。 包丁砥ぎがすこし怪しいのか切る音も繊細な音がしていません。  骨切りが課題ですねぇ。 がんばろう!
すこし包丁が胴体に近すぎるかな。  懐を大事にしましょう すべて力みにつながります。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. クリちゃん のコメント:
    中川さん こんばんは

    中骨すきは苦手意識が強いため慎重になりすぎてしまうので、もう少し度胸をだしてスピードアップを心がけます。

    骨切りは確かに懐が窮屈そうです。 ゆったり構えてみます。

    お料理する姿までをも魅せるというお言葉に、麗可ちゃんのお手前のような出汁巻き姿を思い出しました。

    「無駄を削ぎ落とす」を課題にします。

    ご指導ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です