鱧骨切り特訓講座の復習   Kaさん(86-4)



上手におろせるようになりましたね。 あとは速度とキレだけです。
切れ味というくらいですからキレが出たほうが味が良くなるのです。 料理人ですから味が良くなる?と聞けば一目散にそこに向かうべきです。 急ぎましょう5分切りましょう。 切った先には知らなかった味がある。 かもしれません。
骨切りも上手になってきました。 左猫手への面圧を一定に強めに安定させましょう。
後はちからを入れずに一気に打ちます。 1本で2本分骨切りをしよう!
料理は鱧骨切り特訓講座で棒寿司を教えたので棒寿司はここで投稿できます。
8月の秘伝では白焼き&吸い物を教えたのでそれも復習投稿できます。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. さえ のコメント:
    中川さん
    おはようございます。

    おろしは5分目指して取り組みます。
    切れ味が出せるようになりたいです。

    骨切りは面圧を一定に当てること、力を入れないことを意識して練習してみます。

    お料理の投稿の誤り、申し訳ありません。
    棒寿司か白焼き、お吸い物で投稿致します。
    みてくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です