桂剥き投稿2019  Yaさん(123-3)

砥ぎのときに右手の移動距離と左手の移動距離が違いますね。 これは赤ペンの動きとは全く違う扇型の動きをしています。 赤ペンと包丁砥ぎと2種類の動きを練習していては1ヶ月では足りないですよーと初期に指導したと思います。包丁砥ぎしているときに自分の右手の合谷の前に赤ペンはARのように浮かび上がっていないでしょう?
包丁の面が揺れるのがすこし制御出来てきましたね。 このままマッチ棒の半分の厚さに剥いてマッチ棒の半分の幅に刻むが出来たらヨコケンに進めるのですが刻みがゲソだらけでは進めないのです。 なんとかぴら〜んのステージに連れて行って上げたいのですが。
私の手本動画が難しければぺろりさんや京子ちゃんの刻みを盗んでください。完コピするのです。時間がないのでそれしか無いでしょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. めぐ のコメント:
    ホントに、、、扇型の動きをしていた自分に驚きました。
    そしてそれに気づかない自分にも…

    自分をやみくもに出さず、お手本通りに完コピ目指します。
    • nakagawa のコメント:
      自分をやみくもに出すから1月たっても進化が遅いのです。 それはものを習う姿勢としてはあなたが損をします。 私は何度も何度も同じ指導をします。 あなたができるようになるまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です