鱧特訓講座の復習  Naさん(32-9)

上手におろせるようになってきました。 苦手な背骨のすき取りは出刃包丁の角度が違っています。 お手本をよく見ましょう。
あなたの出刃包丁は上の絵のように寝ています。 だからどんどん身に食い込んで行くのです。 下の絵のような角度で一気に頭の方まですきとりましょう。 最初は勇気がいりますができれば「なーんや」となります。

外した骨やヒレなども写しておけばもっと細かいアドバイスができます。
習い上手な人の投稿を見て研究しましょう。
鱧のサイズ(重さ)も書いていませんね。 おそらく500g前後はあるでしょうか。
ぼちぼちそのサイズの骨切り包丁では骨が斬りつらくなって来ます。 なるべく細い鱧を探して練習をしましょう。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. にっち のコメント:
    中川さん

    おはようございます。ご指導ありがとうございます。
    包丁の角度、勇気を持ってもっと鋭角に入れてみます。次回はもっと細かな情報を増やしてご指導いただけるようにします。

    コメントが遅くなり申し訳ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です