桂剥き投稿2018  Taさん(113-2)

残った芯をみても判るように左手まで力んでいます。その現れが真ん中に入った太い横線です 親指でぐいっと圧をかけた大根の細胞が潰れて透明になっているのです。
ここは横ケンにしても水を吸収できずにぱりっとしたケンにはなりません。
横線も縦線もいかないように剥くのです。
もうあと数日しか無くて焦っているのが動画からも判ります。 そんなことは1月が始まる前からわかっていましたね。ですからスタートダッシュが必要だったのです。
あと数日、もう時間がないから焦って緊張しますよね。 そこで潰れるか、今まで以上の結果を出せるかで大きくあなたの成長に違いが出ます。 とかく日本人は緊張すると本来の実力が出ずに終わってしまいます。オリンピックや国際競技をみていても判りますね。緊張感に潰されやすいのです。 欧米の選手はここ一番で実力以上の結果を出してきます。 この差は何から来るのでしょう? そしてどうすれば克服できるのでしょう?
Botでも言いましたが、 100%のちからを緊張しながら出すには、緊張しながら150%の練習をするしか無いのです。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. Ryoko のコメント:
    中川さん、おはようございます。見ていただきありがとうございます。
    なかなか思うようにできず、そして力んでしまうのは、
    焦りからくるものだったのですね!確かにその通りです。
    一カ月やってきたことを緊張の中でも出し切れるよう、自分と向き合って桂剥きに臨みます。
    残り期間、ご指導よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です