桂剥き投稿2018  Itさん(113-1)

包丁砥ぎは正しく砥げていればシルキーでクリーミーな泥が出てきます。 その泥をピーナツバターをトーストに塗るように砥ぐのです。
正しく剥けるようになってきました。 最初に右手で剥き進めて左指を怪我したから恐怖心が残っています。 それは私を芯から信用していない証拠なのです。
私がお教えしたとおりに右手は面圧を当てて上下動。左手は刃に向けて大根を送り込む。という動作をしている限り絶対に怪我はしないのです。
刻みは乱暴過ぎます。 ギロチンに刃を力を込めておろしているので大根の細胞が潰れている残酷な音がします。
包丁砥ぎも刻みも静かに 横に乳児が寝ていても起きない音色で動作しましょう。



カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. より:

    中川さん、ご指導ありがとうございます。
    やはり右手は面圧をあてて上下、左手で送るをしていれば怪我はしないんですよね。実は家でも何度も切っていて今でもヒヤッとすることがあるのです。これが出来てないからですね。徹底します。
    包丁砥ぎと刻みも頑張ります。
    後少し、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です