桂剥き投稿2017  Kuさん(100-2)

吸盤トレイがちっちゃ!(笑)
せっかく出かけた泥が四方に搔き出されていますね。 押さえつけをやめられればこの泥を有効に使ってピカピカに砥げるのです。
剥くときに大根が視線に対して90度よりも立ちすぎていますね。それが富士山のような芯がのこる原因です。 もっと大本の原因はリキマーですが。
まずは力んでいようがどうしようが大根に平行に上から下までおなじ圧力で面圧を当て続けることが大事です。 あなたに力むなと言うてもなかなか無理な話なので、思い切り力んで居ても良いので薄く均一にマッチ棒の半分の厚さに剥いてマッチ棒の半分の幅に刻む練習をしましょう。富士山や逆パイロンは禁止です。



カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. さとこ のコメント:
    上庭を見なきゃと、大根をどんどん立ててしまいました。面圧を当て続けることを最優先させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です