桂剥き投稿2017   Moさん(107-2)

赤ペンが揺れていますねぇ。赤ペンの上下動が無くなるように練習しましょう。反復練習で筋肉や関節に覚え込ませるのです。 野球人が素振りをするのと同じです。
Air桂剥きの姿勢、視線、送り方、定規の上げ方、実に正しいです。 しかし缶でここまで力んでいると大根ではどこまで力むのだろう・・・という感じそのままの力みでしたね。
右手が開いて(小指の方に)右脇が締まるので刃が大根と平行を保てないのです。

刃先の欠けは砥ぎながら直していきましょう。 砥石を包丁で押さえすぎていますので水の上、泥の上を滑らせるように砥ぎましょう。
剥いた大根ロールや残った芯の画像がありません。 刻みの動画もありません。
せっかく練習したのですから送りましょう。 お蔵入りはもったいないです。



カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です