満足コース12月の復習  Maさん(21-8)

美味しそうに出来ています。  唐津の平鉢によく似合っています。 食べやすく切るというのもセンスです。切れ目の断面の白を手前に見せるのか、奥にして皮目を手前に見せるのかは好き好きです。 私は自然に手前低に盛りますので逆になります。
葱も正しくできていますね。

 
 

琵琶湖の寒諸子を南蛮漬にされたのですね。 素晴らしすぎます。
専門料理や四季の味の表紙写真のようです。 文句なし。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. ふみよ丸 より:

    中川さん、こんにちは。
    ご指導ありがとうございます。

    鶏にも色々な形がありますね。
    お教室で実習したものより、縦幅が長かったので、そのままでは食べにくいと、咄嗟に思い、半分に切りました。
    しかし、それをどう並べるか、一瞬手が止まってしまいました。
    「奥を高く」という基本的中の基本の約束ごとが、咄嗟に出てまいりませんでした。
    まだまだ身についていない事が、ご指導内容を読んで身に沁みました。
    基本を押さえ、そのうえでどうするか、判断していけるよう精進します。

    お教室で口頭で教えていただいた、寒諸子の南蛮漬け、美味しかったです。
    盛り付けは、大変悩みました。
    文句なしのお言葉に、飛び上がりました! 嬉しかったです!
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です