桂剥き投稿2016   Kuさん(94-3)

YouTube Preview Image
Air桂剥きで送れた量の紙の長さを大根でも送れないとダメです。
大根になると突っかかって手首を使って送れないのは刃先が大根に食い込む角度で上げ下げしているからです。
面圧をどこで大根に当てるのかを知っているのにできていません。 刃先を大根に押し当てていてはどんどん厚くなります。
桂剥き特訓講座に出たのですからもう初心者ではありません。薄く剥いてヨコケンを刻んで投稿しましょう。
アルミバットの上の砥石を置く位置が間違っています。 教室ではなぜ真ん中に置いていないのかお教えしましたので思い出しましょう。
すこし砥石に近いですね。 もう少し離れてへっぴり腰を直しましょう。

 
 

包丁㈰
包丁㈪刻み0824刻み㈪0824桂剥き0824


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. かがやき のコメント:
    ご指導いただき、ありがとうございます。

    面圧を正しくあてて、ヨコケン頑張ります。
    自分の勘違いや、そういうことだったんだ!と思うこと、疑問点も出てきます。
    1つ1つ解決して、上達していきたいです。

    砥石の位置を勝手に変えてしまっていました。申し訳ありません。直します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です