金時豆の甘煮と子持ち鮎の煮浸しの復習  Asさん(67-3)です

IMG_1520美味しそうに出来ています。 富沢の新豆はもう少し膨らむと思いますので。 浸水も加熱も足してみましょう。 一度皮が破れるまで煮てみれば良いのです。 その手前が正解です。

 
 

IMG_1573立派な鮎が手に入ったのですね。うまそうです。
もっと煮汁と調理時間を増やしましょう。 じっくり煮て骨まで食べられるように。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. のコメント:
    中川さん
    早速のご指導ありがとうございました。

    金時豆の甘煮を教えていただき、煮豆がぐっと身近なお料理に感じられ、とても嬉しいです。
    破れるギリギリが見つけられるよう挑戦してみます。

    鮎は、とても大きく時間もかかりましたが、卵もたっぷりで家族も大喜びでした。
    こちらも、もっと美味しく頂けるよう探求します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です