中川式玄米の炊き方指導2036 Kaさん(89-3)です

玄米御飯24回目2こげ色を少し強くしようと火加減を強めたために蒸気が多く出すぎて900も水を入れたのに逃してしまいました。 そしてついでに圧も逃してしまったために蒸らしの時間が短くなったのです。 これは微調整の範囲で修正が効きます。
次回は昨日の火加減に戻して炊飯時間を1分延ばしてください。 もちろん蒸らしの時間もです。 時間の陽を重ねて火力の陽の代わりをします。
50点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. Ka(89-3) のコメント:
    中川さん、おはようございます。
    ご指導ありがとうございます。こういうことだったのかとわかりました。
    大事なお水も圧も逃さぬよう炊飯します。
    ふうわりさんをはずす時間は今回と同じ(5分20秒前)でよいでしょうか?元に(5分前)に戻すのがよいでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です