中川式玄米の炊き方指導2008 Taさん(89-2)です

image1すこーし柔らかくなってきましたね。もっとソフトに炊きましょう。
撮影の話しを少し。
あなたが構図を決められたところはステンレスの調理台の上だと思いますが、ちょうど上に付いている蛍光灯の明かりが反射して逆光の状態になっています。
おこげの左下に明るいステンレスの部分がありますね。
カメラのAEはどうしても明るい部分もちゃんと写そうと頑張ってしまいますので肝心なご飯が実際の見た目より黒っぽく茶色っぽく写ってしまうのです。
次回からは撮影場所を変えるか、反射しないなにか敷物を敷くと良いでしょう。
この器で食事をされるわけではないですよね? 仏さんのご飯のようです。
実際ご自分が食事をされる飯茶碗に盛り付けて撮影しましょう。
一番ふうわり美味しい部分を盛ってください。焦げは一番色が濃い部分を箸で少しとってご飯に載せておけば把握できますので。
49点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. Ta(89-2) のコメント:
    中川さん、アドバイスありがとうございます。もう少しふうわりと炊くこと、そして撮影の仕方に気をつけて、また投稿させてもらいます。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です