桂剥き投稿2015 Isさん(84-3)です

YouTube Preview Image
なぜまだてっぺんにだけしか竹串が無いのでしょう? 下にも刺しましょうと言うておいたのですが。下に刺さないから下が厚く向けてパキッパキッと薪割りみたいな音がするのです。右手で左に剥き進めてはいけません。また怪我しますよ。怪我ばかりして成長しないのはあまり賢いとは言えませんね。 同じ失敗を何度もすることは賢くないです。

「怪我が回復したら2度と右手で剥こうと思わないよう誓います。」という誓いが本物でありますように。

YouTube Preview Image
刃先がまな板に触れていませんね。だから上がつながったスダレになっているはずです。
刃先から降りてその後前に少しスライドしながら柔らかい手首で刃元もまな板に触れるのです。

IMG_1300
IMG_1303
IMG_1306

IMG_1307

包丁は正しく砥げてきましたね。 二枚刃は治っています。 あとは力を入れ過ぎなのをなくしましょう。ドロで砥いでください。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ミホ のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。
    一度怪我をしたので、その怖さは嫌という程分かったのですが、焦る気持ちが右に進めておりました。もっと集中し気持ちを落ち着けます。Airを大根だと思い徹底的に行います。2度と同じ過ちは繰り返さないよう致します。
    刻みは中川さんのおっしゃる通りすだれでした。刃の降りる順番を勘違いしていましたので、意識して行います。
    研ぎも力は抜くように意識していますが、確かにまだ音に静けさがないのでこちらももっと意識致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です