桂剥き投稿2015 Kiさん(78-3)です

YouTube Preview Image
時間はかかりすぎですが、1さく目のほうが丁寧で薄く向けています。
もっともっと力みをとればもっと薄く楽に剥けるようになります。
あなたの左手の親指の相手は薬指と小指なんですね、ですから芯が先だけ曲線を描いてほそくなります。

YouTube Preview Image
包丁を上げるときに刃先が13時の方向に開く癖があります。これは刃を見ないで峰を見ながら上げているからでしょう。定規には無いテーパーが包丁にはありますので注意です。
左手で送ろうとするのは良いのですが右手がそれに対応するほど上げられていないのでどんどん左手に攻めこまれていますね。刃先が左肩を向いているでしょう?
刃は両目に平行に。

YouTube Preview Image
ポコポコ言うてますが、まな板の下に濡れタオルは敷いていますよね?
こちらの刻みのほうが下よりも正しいです。立方の重心も合っています。

YouTube Preview Image

 

6月10日桂剥き① 6月10日刻み① 6月10日刻み断面①対象物に対して直角に刃がおりていませんね。重ね方もありますが、同じ幅に刻めるようになりましょう。
6月10日桂剥き②6月10日刻み②6月10日刻み断面②


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. きよ のコメント:
    中川さん

    ご指導ありがとうございます。まっすぐ平行に垂直に、を目指して練習します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です