桂剥き投稿2015  Saさん(84-2)です

YouTube Preview Image
もっとじわーーーーーっと定規を上げましょう、缶におしあてたままじわーーっと上げるのです。

YouTube Preview Image
後半下が厚くなって進まなくなり最後には割れてしまいましたね。これは後半急に力んだわけでもなく、最初から力んで右手で左に剥き進んでいるからです。だんだん刃先より刃もとが遅れて包丁が開いて行き、逆パイロンになっていくのです。

YouTube Preview Image
上と同じで、右手で左に剥きすすんではいけません。 素直に素直に、欲をかかないで包丁を上下させるのです。 剥くのは左手です。

YouTube Preview Image
立ち方がいわゆるジョジョ立ちになっていて骨盤(下腹)が極端に前に出て首が90度下に折れた不自然な立方になっています。 直しましょう。 腰と頚椎をやられます。

㈰-1 ㈰-2 ㈰-3 ㈪-1かなり上手になってきています。 桂剥きとはなんぞや?という段階は越えましたね。
力を抜いて面圧をあてて薄く剥く。 これからの課題です。
㈪-2㈪-3 ㈫-1??ロールは天地が逆ではないかな?
㈫-2 ㈫-3これがいちばん正方形が多いですね。 いろんな正方形では無く、同じ正方形が整うようになりましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. asa のコメント:
    中川さん、おはようございます。
    剥くのは左手、自分に言い聞かせます。姿勢も悪いので今一度確認します。御指導ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です