中川式玄米の炊き方指導1874 Saさん(64-5R)です

20150316コシヒカリ700今日の画像は縦にはなっていなかったのですが、天地が逆さまに見えます。 不思議ですね。
3回めに、炊きあがりに感謝の気持ちが生まれたと書いてありました。
それが本物の湧き上がる気持ちなのか、心のどこかで「そう思えたら美味しく炊けるに違いない」という希望的潜在意識があったのか。
答えはこれからのあなたのお通じチェックと体調と消化器系の疲弊の解消があって初めて出てきます。 自分で自分の毎日を楽しみになさってください。
画像から判断してヤマダ米にしてはまだまだ皮感が出ています。 おそらくよく噛んで食べる習慣をお持ちなのでお通じチェックには皮が出ていないのかもしれません。
でも体調や氣分は隠せません。自分で判るはずです。 頑張ってください。
お疲れさまでした。
50点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. 64-5 のコメント:
    3回に亘るご指導有難うございました。

    炊きたての時は大丈夫と思いましたが、夜にこのご飯を食べたら、まだまだだったな、と実感しました。確認の為今朝まで待ちましたが、やはりお通じチェックは残念でした。それでも翌日にお通じがあるだけ私にとってはマシな状態です。

    今回投稿中に、夫につぶつぶの事を尋ねたら、そんなものある訳がないでしょう、と言われ仰天しました。多くの心労を抱える夫が私よりよほど朗らかな理由が分かりました。

    ご飯への感謝は、テロップのように心をよぎりましたが、おっしゃるように湧き上がるような物ではありません。

    以前から思っていたのですが、美風さんや中川さんがおっしゃる、そういう根源的な感謝、と言う事が自分にはまだ良くわからないようです。

    昨年米を変えてから炊飯がわからなくなり、もう玄米はやめようかと思った事もありました。今回の受講を通して、すべては自分の反映だったことが理解出来ました。

    伸びきった腸が弾力を取り戻すのは大変な事ですが、今回気づかせて戴いた事を礎にして取り組んで参ります。引き続きご指導宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です