【中川善博の料理】 地鶏西京焼

鶏味噌漬け400gくらいの地鶏もも肉をまるのまま西京漬けにしておいた。
鰆やマナガツオよりも漬け時間が長くかかる。
なぜかかるのかは、べらべら喋らない。陰陽で考えて欲しい。
太い白葱を蒸し焼きにして2本。 毒消しにはこれでも足りない。
糠漬けをタップリとたきたて玄米ご飯で夕餉にしよう。


カテゴリー: 焼物 パーマリンク

コメント

  1. のーちゃん のコメント:
    中川さん、こんばんは。

    画面から味噌の香ばしい香りやネギと地鶏の食感が伝わってきます。とっても美味しそうです!
    教えて頂いた西京漬けは味が濃すぎずとても上品なお味なので、夫にも大好評でした。これからもずっと我が家の食卓にのぼると思います。ありがとうございます。
    私も地鶏を漬けたところでしたので、とてもタイミングのいいブログでした。白葱の蒸し焼きと共に頂いてみます。
    • nakagawa のコメント:
      のーちゃんさん コメントありがとうございます。
      鶏もなかなか合うでしょう? サーロインステーキ肉も試してくださいね。
      柚子香りのじゃがいもや里芋が毒消しになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です