抜き打ち桂剥き投稿2014 のーちゃんさんです

photo1

YouTube Preview Image
うーん、もっと練習不足で「やーい!へたくそー!」とイジメようと思ってたのですが良い方に裏切られました。 お見事です。 さらに上手になっていますね。
まだすこし左手のつかみ力が強いのでもっともっと脱力してください。
芯がまだこの太さなのに上下が絞れるビヤ樽型になるということは反面圧の左手人差し指と小指に力が入りすぎているということです。 これではストロー芯にはなりません。
どんどん練習しましょう。

YouTube Preview Image
さらに驚いたのは刻みです。 上手になりましたね。 直すところはありません。
直すのは刻みでは無く立ち方です。
あなたは骨盤が前に出て背中が反るいわゆる「ジョジョ立ち」になってしまう癖があります。 ジョジョは身体の前で仕事をするときはこんな立ち方はしませんので間違いです。
きっと膝も伸びきってロックしてるでしょう。
一度内野手の守備の体勢を真似てみてください。 どこに体重がかかっているか自覚できます。 Z会にはなっていないので、本当に立ち方だけです。

包丁の砥ぎはほぼ満点です。 よく理解して手で覚えましたね。
よく切れるはずです。

どんどん上達していってください。
どこまで上手くなってもかまいません。
上達し放題です。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. のーちゃん のコメント:
    中川さん、おはようございます。

    朝からビックリしました。
    はいっ、姿勢を直して練習を続けます。ご指導下さり本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です