桂剥き投稿2014 Shさん(24-2)です 最終投稿

IMG_1052 IMG_1032 IMG_1035 IMG_1054 IMG_1050 IMG_1036 IMG_1029 IMG_1056よく練習しましたね。 最終日に意識してええかっこしいが出て緊張して「こんなの私じゃなーい!」となるのもすべて想定していますから大丈夫ですよ。 大体の人はそうなんです。
どう剥けば良いのか、どう刻めば良いのかは正しく伝わっているのが判ります。
あとはどこまで自分で楽しんで上達していくか、投稿期間が終わったのでもうやめちゃうか、あなた次第です。

 
 

最後のあなたからの投稿文を転載しておきます。
同じ気持の人や、私はここまでになれなかったという人と共有しましょう。

以下

中川さん、こんにちは。
いつもお世話になり、ありがとうございます。

投稿日も最終日。
想像以上にあっという間の早さで時間がすぎていきました。

びらーん、とウール玉の課題にびびってしまい、変に力が入ってしまいました。
どうでもいいええかっこしいでした。

投稿期間を振り返って、いかに自分がプレッシャーに弱いのか。
見通しの甘さ、集中力の欠如。
プロセスを通じていろんなことを感じた投稿期間でした。

こんなに緊張するのは集中力不足と、ええかっこしい。
認めたくなかったけれど、はっきり自覚できました。

今朝の練習が投稿期間の私の結果です。

ウール玉に挑戦できる桂剥きには残念ながら仕上がりませんでした。
ウール玉のまとまりのなさがすべてを物語ってくれています。

変な欲を出して、わざわざ固まった私の結果です。
悔しいけれどそれもすべて自分の招いた結果。
しっかりと受け止めて、これからの私に活かしていきます。

本日もご指導よろしくお願いいたします。

 
 

あとがき

桂剥きを通して私自身が剥かれました。
鎧をまとっていた自分が見れました。
きつかったけれど、いつまでも見なかったことにはできないですね、

この経験をしっかり活かします。

よろしくお願いいたします。

 
 

以上

お疲れさまでした。

 
 

YouTube Preview Image

YouTube Preview Image

YouTube Preview Image

YouTube Preview Image


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 24-2 sh のコメント:
    中川さん、こんばんは。

    本当にお世話になりました。
    自分のあまりのスタートのひどさに心が折れそうでした。
    でも、講座中の中川さんの言葉。
    最短で桂剥きができる方法を今日お伝えしました。
    この言葉を信じてひたすら練習しました。

    次は楽しむ!
    包丁の持ち方から修正した私が包丁を自分で研いでお料理をするなんて。
    私の中に新しい風が通り始めました。
    今日は私にとってひとつの記念日になりそうです。

    気づきをたくさんいただいたありがたい投稿期間でした。

    ご指導、本当にありがとうございます。

    日常の心の持ち方まで変わるなんて本当に嬉しい驚きです。

    感謝を込めて

    24-2 sh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です