桂剥き投稿2014 Haさん(68-3)です

桂剥き投稿716

 
 

桂剥き投稿716-2

YouTube Preview Image
右手で剥いていますが、訓練で切れずに繋がったまま剥き終えられるようになってしまいました。 しかし、このまま練習しても薄く速くにはならないのです。 薄さに限界が来ます。 面圧を一定にあてて刃を食い込ませないようにその場で側面をあてがい上下させる練習をして下さい。 もっともっと薄く剥くと右手で厚さを調節しているのが自覚できます。

 
 

YouTube Preview Image
刃が入っていく角度も速さもこれで良いのですが、大根を切り終えたあとにまな板をたっぷり叩いています。 ですから、その前に繊細な音をさせて大根を刻んだ感触が手から消えるのです。 どかんどかんというまな板を叩く音で繊細な感触を上書きされてしまいます。 これが粗くきざんでしまう原因です。
なるべくまな板を叩かないで刻む練習をしましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. Ha 68-3 のコメント:
    早速、ご指導ありがとうございます。
    力みに加え悪い癖が、ついてしまったようですね。何とか素直に剥けるように練習します。

    粗く刻む原因となるまな板を叩く音に気をつけて練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です