桂剥き投稿2014 Shさん(24-2)です

IMG_0806すこーし面圧が理解できているようです。 自分で思っているより厚くなるのは、まだわずかに右手で曲面を剥き進もうとしているからです。
しかし面圧が理解できているので厚みが一定になる。という段階です。
もっと右手の欲を捨てて、天使の面圧を当てながら上下するだけ。を徹底すればラップのようなシートが剥けます。 がんばれ!
YouTube Preview Image

IMG_0808

YouTube Preview Image

IMG_0809ウール玉にならないのは断面の細胞が潰れているのと細さが一定じゃないからです。
さくを重ねて刻む準備をする時が間違っています。
トランプのように少しずつずらせて並べるのです。 階段になっているでしょう?あなたのは。 これじゃ段差に差し掛かった時に刻みがブレるのです。 段差は上とまな板のすぐ近くで発生しているのに気づきませんか?


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 24-2 sh のコメント:
    中川さん、おはようございます。

    右手の欲を捨てて上下するだけ。
    天使の面圧。

    さくの並べ方と刻み。

    ひとつひとつの動作と結果は連動していますね。

    右手に天使を招き入れることができるように
    引き続き練習を続けていきます。

    本日もご指導ありがとうございます。
    頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です