上級幸せコース5月の復習  Naさん(91-4)

美味しそうに出来ています。  絹さやも均一に刻めていますね。
撮影がすこし夕焼けなのが惜しいです。 これはバックを青にしたために染付の白青とともに画角内の青の面積が多くなるためにAEが青を補正しょうとするためです。
すこしトリミングしてベージュや黒の占有率を上げるとビーフンも白く表現できるようになります。 下に補正例を上げておきます。


上手に出来ています。 きのこも断面正方形に刻めて長さも適正です。 白濁もしていないので正しく作れているのがわかります。 合格です。


カテゴリー: 今日の復習 | 1件のコメント

上級幸せコース5月の復習  Kuさん(92-4)

良いでしょう。 正しく作れています。
私のデモをよく噛み締めながら思い出せたようですね。
覚書やメモでは再現できない上級の料理の難しさを最初の月から思い知りましたね。
良い学びになったでしょう。   合格です。


カテゴリー: 今日の復習 | 1件のコメント

上級幸せコース5月の復習   Ohさん(15-10)

美味しそうに出来ています。  一番良かったのは火加減です。正しく伝わったのが判ります。
このチャーハンの目的は消化吸収よく玄米でチャーハンができて、パラパラふわふわになり、野菜たちがグミグミにならないで歯触りがありながら甘み独自の味を表現してくる。
というのが理想なのですがそれができています。   合格です。
ご主人様の感想もまた聞かせてくださいね。


カテゴリー: 今日の復習 | 1件のコメント

上級幸せコース5月の復習  Taさん(93-3)

美味しそうにふうわりできましたね。 まだすこし団子状のご飯が散見するのでもっとパラパラになるまで復習しましょう。 やや人参が長いかな?レタスが少ないかな?と思います。

上の画像よりも下の画像の方が美味しそうですね。それは湯気が写っているために視覚から「温かそう」と感じさせるからです。
しかし構図は上の方がスープ面が多く写っているので料理の投稿画像としては上が正しいのです。  一番良いのは上の構図で湯気も写れば良いのです。
それには湯気よりも濃い色のバックにすることが必要です。「いえいえ、そう思って黒色のお盆に乗せたのです」と思われるでしょうが、表面が滑面の場合は光反射が起きるので湯気色は消されてしまうのです。  ということから光反射を起こさないマテリアルをバックにもってくれば良いことになります。


カテゴリー: 今日の復習 | 1件のコメント

上級幸せコース5月の復習  Kuさん(92-4)

すこしあらめの煮詰めが過ぎたかもしれませんね。 それに対する陰性(相対的に)なビーフンが水分過多になってしまったことが色移りの原因でしょう。 タイミングと陰陽差がすべての料理なので私のデモをよく思い出して(覚書ではなく)復習してみましょう。
テキストや瞬間を切り取っただけの画像では掴みきれない「呼吸」「間」というものがあるのだ。ということに気づくか気付かないかが上級幸せコースの大きな課題でもあるのです。


カテゴリー: 今日の復習 | コメントする