子持ち鮎の煮浸しと金時豆の甘煮の復習  Hoさん(3-3)

IMG_3284先に投稿された時は焼いた日に煮浸しにしたために子や身が落ち着いていなかったから煮汁に子が溶け出たりしたのですね。 今回のは冷凍冷蔵して合ったものですから上手に炊けました。 下準備の方法を説明したとおりになったでしょう? 勉強になりましたね。
上手に出来ていますがもう少し煮汁が残ったほうが良かったです。 これでも充分に染みてるのでお味は大丈夫でしょう。

IMG_3286煮崩れずに上手に炊けています。 この豆の特徴を掴めましたね。
お届け先で喜んでいただけるでしょう。
きれいにつやつやふっくら、煮汁透明にできています。
心のとおりに透き通っていますね。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. おはる のコメント:
    中川さん、おはようございます。
    もったいないお言葉をありがとうございます。

    日々のご指導で理解が深まり、
    お鍋に向き合う時間が楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です