中川式玄米の炊き方指導2605  Saさん(115-2)

美味しそうに出来ています。  ご自分では硬く炊き上がったとの感想を持たれておりますが、皮感もすくなく良いこげもついて充分な炊き上がりに見えます。
この焦げですとすこし蒸気が出ていたと思います。 その総水分がやや減りすぎたのでしょう。
蒸気の出過ぎに注意して、入れた水はすべて玄米に鋳込む覚悟で炊いてください。
蒸らしの圧も必ず保ってピピカシャンに近づくはずです。
なかなかお通じチェックの合格には遠いですが、飯の炊きあがりによるものではなく長年の食生活による消化力の弱さから復活するのに時間がかかっているだけなので気長に取り組みましょう。
次回、もう少しだけふうわり炊ければまずはパスポートを差し上げます。
いろんなことを試したり戻したりしすぎて投稿期限が来てしまったら大変なのでまずは正しく炊けることを確認してパスポートを取ってしまいましょう。 それからじっくりいろんな問題を解決していけば良いでしょう。
52点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. 酒井 聖花 のコメント:
    ご指導ありがとうございました。
    感想で書きもらしてしまいましたが、皮感が減った気がする・・・と感じました。
    水の質でこんなに変わるとは驚きました。

    次回、再度火力に気をつけて、炊飯します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です