鱧特訓講座の復習   Taさん(37-5)



上手になりましたね。 腕の上側の力みは無くなっています。薬指で打つ。ができています。 正面動画でよく判るのですが、有次見過ぎです(笑) あなたはこの☓マークの逆の☓ですね。 有次を見る、の真の意味を掴みましょう。


まるで瓢亭さんの煮物椀のようです。 いいですねぇ ちゃんと夏に始めた鱧修行の秋への移行ができています。 輪柚子の白いワタが残りすぎているのがすこしダサいのでもう少しソリッドなところまで切り抜いてください。


カテゴリー: 今日の復習, 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. ひかる のコメント:
    中川さん
    ご指導ありがとうございます。
    稽古してきてよかったと思いました。
    有次見過ぎ:極端すぎました。そして安定感なく身を飛ばしているように思います。
          有次を見る意味の大切さ考え直して垂直を大切にします。常の包丁使いから気をつけます。(今更っ!!)
    輪柚子:断面の切り口を正方形に・・・でこうなったのですが、切り口を見て切り出す厚みを調節すべきだと分かりました。(今更っ!!)
    理解遅くてお恥ずかしいです。これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です