桂剥き投稿2017   Moさん(107-2)



もう少しで泥がでてきますね。 もっと持ち上げましょう。 まだまだ包丁を押さえつけています。右手人差し指がとくに押すときに包丁を押さえつけていますので10円玉間隔が無くなっているはずです。 そうすると包丁の側面の傷が全体に広がってくるのです。そのわりに切れ味は良くならないという状態になります。
剥き方は正しいですね このままどんどん練習していきましょう。 そうして薄く薄く向いていくと「あれ?ちから要らないやん」と気づくときが来ます。 そうしたらしめたものですね。
刻みはOKです 刃に仕事をさせていく感覚を掴みましょう。

これだけ剥けるのですから「ぴら〜ん」画像も添付しましょう
水に放ったときの絵も、ウール玉にした時の絵も美しいでしね。
これは切れているからです。
太さ細さの差が大きくあるでしょう? これをなくしていく作業が今日からの練習です。
断面正方形はあたりまえ。均一な細さを追求しましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です