桂剥き道」カテゴリーアーカイブ

桂剥き投稿2019   Naさん(2-1)  

 



よく我慢できています。 あなたは高速型細胞の持ち主でゆっくりのんびり動いたり四肢を動かしたりするのが大の苦手なタイプの人間です。
それを上手く活かせるのが鱧の骨切りであったり寿司切りであったり私のアシスタント業であったりするのです。

しかし桂剥きは違います。早く刃を動かしたり早く送ったりすると横線縦線のオンパレードで仕上がりが荒れます。
それを自分でも解っているのでなかなか進歩できませんでした。何しろ高速型ひゅーまんですからw

初めて習ってもう10年が経ちます。 いつまでもできないままでは後輩たちに「頑張ってもできないものはできないのかもしれない」なんて思いをさせてしまうのではないかとずっと心にひっかかっていたようです。 まるで小魚の骨がいつまでも喉の奥に刺さっているかのように。

練習したいので診ていただけますか?

というメールに「お、いよいよかな?」との予感がしました。
まだまだ途中ですが、充分に桂剥きになっています。
ここいらで一度迷える後輩たちに頑張ったらできるようになるというところを見せておきましょう。

よくがんばりました。
何年かかっても良いのです。
できるかできないかが問題なのです。
ここまで来たらあなたは勝手にどんどん進化していきます。
自分の手の小ささと上下の遠近感に惑わされるので私の動画を完コピできないジレンマからは卒業できましたね。  よかったよかった。


カテゴリー: 塾生さんの包丁使い, 桂剥き道 | 2件のコメント

桂剥き投稿2018  Itさん(113-1) 最終投稿



桂剥きの形にはなりましたね 良かったです。 このまま行けばすぐに薄く剥けてヨコケンまで行けそうですが、いかんせん投稿回数が少なすぎました。 一ヶ月なんてあっという間でしたでしょう?
これからも練習を止めずに自分のペースを作って研鑽してください。一生使う大事な技術です。
包丁砥ぎは押す側はかなり完成しています。 問題は引く方です。赤ペンもしっかり練習して引く方の面も二枚刃にならないように美しく砥いでください。
お疲れさまでした。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Isさん(116-3)  最終投稿



包丁砥ぎは最後まで力を抜いて包丁を浮かせることができませんでしたね。 刃の拡大画像を見ても可愛そうなくらい深いキズが刃先までついています。
浮かせて砥石に触れずに水(ドロ)にだけ触れるというのを実行できるのはいつでしょう?  時間が経てばできるようになるのか? なんらかの自分革命がおきないと変わらないのか? 一度今夜にでもじっくり自分に聞いてみてください。
右手で左に剥き進むから大根が抵抗して来るのです。1月間ずっと抵抗を受けてきましたね。 そろそろ大根は柔らかい野菜なのだと気づきましょう。
気付いたとたんにするする剥けてくるのです。
お疲れさまでした。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Kaさん(111-1)



包丁砥ぎは完全に砥石に包丁をベタ付けでこすっておられます。 そうではなくて峰側に10円玉1枚分の隙間が終始キープされて居なければ正しく砥げません。 正しく砥げると有次やむそう塾 のロゴの近くはもらった時のままピカピカなものなのです。 角度を修正しましょう。
桂剥きは右手の尺取り虫が直っていませんね。 ですから正しく面圧が当てられないのです。 そして右手で剥き進みますから厚みも一定しません。
しっかりAir桂剥きをして面圧と左手の送りを徹底的に理解して覚えましょう。
・・というアドバイスを先月の幸せコースの翌日くらいにしていなければならないレベルの指導です。
進化するにはあまりに投稿回数が少なく、練習不足をみとめざるをえないところでしょう。 練習はこれからもいつまでもできますのでできるまで続けましょう。
いつでもアドバイスします。
「船には乗ってみよ」この言葉を大切に。 これからも一緒に練習していきましょう。
お疲れさまでした。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Waさん(111-3) 最終投稿



初期のころから直すべき癖を説明し課題を出し続けていましたが、とうとう最後まで直しきれませんでした。 投稿頻度が落ち始めた頃からやめたい波動がどんどん伝わって来ていました。
たった1ヶ月で上達をはかろうと言う授業ですから、無駄な練習、無駄な日数を重ねている暇はいっさい無いのです。  治らないくせを直すには今まで誰も割ってくれなかった自分の殻をうちから自分で蹴破って新しいことを赤子のように学ぶ強い意思の力が必要です。 強い意思は強い身体に宿ります。
授業のときに、私が「体力無いねぇ」と立ち方の指導をしたときあなたは「無いからここにつけに来てるんです」と言われましたね。 そこがちょっと無理なところなのです。
あなたは月の内たった1日だけむそう塾に居られます。 あとの29日間はご自宅で過ごされます。
ということは月に1日の訓練で体力がつくと思っているのかもしれませんが無理です。 残りの29日間をどう生きたか? で次のむそう塾 での授業が実りあるものになるのです。 ぜひ覚えておいてください。
投稿は今日で終わりますが、何をどうすれば治るのか、あなたにあった練習法は。ミミタコになるほど授けました。 殻をわれたあなたがそのアドバイスをスポンジのように吸収して開眼してくださるのをまっています。
お疲れさまでした。



カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント