桂剥き道」カテゴリーアーカイブ

幸せコース8月の復習   Fuさん(106-1)

上手に出来ています。 すこし器が大きくなって小松菜が長過ぎるように見えなくなりました。
2手くらいまでは良かったのですが、「あれ?葉っぱばっかり掴んでしまって軸が見えないなぁ」と後から軸ばかりを数回足しました。
その軸がうまく乗らずに立てかけばかりになったので有名なティピー盛りになってしまいました。 軸も葉っぱも同時に掴んでなるべく箸数少なく盛りましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

幸せコース7月の復習   Naさん(106-3)

美味しそうに出来ています。
器は麺に近い色より遠い色を選択しましょう。 色物ならば寒色を、もしくは玻璃(ガラス物)を選ぶと涼味が出せます。
麺の束ねは要練習ですね。

美味しそうに出来ています。  麺も伸びずに煮汁も煮詰まらずにできました。
すこし煮汁の色が濃いのは光線の加減なのか、醤油が教室のものと違うのかどちらでしょうか? 完コピしていますよね?  それならば電灯の加減でしょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

幸せコース7月の復習  Fuさん(106-1)

美味しそうに出来ています。  これはなかなか上手ですよ。
とくに餡の引き方が上手いですこの透明感がでないとダメなのです。
食べていて餡がゆるくなったのは麺の湯切りチャッチャが弱かったのでしょう。
どんどん作って汗をかくまでがんばろう!  お肉入れても良いですよ。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

桂剥き投稿2017   Suさん(62-4) 最終投稿



私はProですから、できていない人にできてるとか、美味しくないのに美味しいとかは言いません。自分に嘘をつくことになるからです。
ですから、あなたの最終投稿をみて「ああやっぱり届かなかったか」と感じました。
課題はお伝えしてご自分でも掲げて練習されていました。 1月間では時間が足りなかっただけなのです。

1月で出来ることは限られています。 練習を続けた者にだけかける汗、流せる涙があります。 今はたっぷり流しておきましょう。

カリキュラムの都合で1月間しか投稿期間はありませんが練習期間は永遠に続きます。
私も41年以上練習を続けています。去年より今年のほうが上手になりましたよ。
練習を止めなければ必ず進化するのであなたもよければ練習を続けて、せめて今掲げた課題はクリアしましょう。 絶対に料理が美味しくなります。

もう一つ、あなたが進化したのは空気以外を肺に入れなくなったことです。
清い氣をたっぷり吸い込んで濁った氣を排氣していきましょう。
魂を空氣で洗うのです。
せっかく止められたのですから後退しないように。 恥ずかしいですからね。
だれにって?  そりゃぁもちろん  自分にです。
お疲れさまでした。


 


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2017   Suさん(102-1) 最終投稿



刃先がぐいぐい大根の中心に向けて食い込んでいきますね。 これは右手で力でなんとかしようとしすぎているのです。
包丁の面をしばらくみていると様々な角度に動いていますね。 これだか刃先も動いているということです。
何度も出てきているこの図を見てみましょう。右の刃はうろうろゆらゆらしません上から下への矢印の方向に鋼とステンレスの境目を押し付けながら上下するだけなのです。
ですからゆらゆらはしません。 これを会得してください。
これからの練習も。まずはこれを習得することを最優先でおこなってください。
赤ちゃんを育てながらの練習はなかなか時間捻出にたいへんだったと思います。 よく最後まで続けて投稿されました。
刻みの音が随分可愛そうな音がしているので明日、包丁をチェックしましょう。
お疲れさまでした。



カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント