桂剥き投稿2018 Saさん(115-2)



Air桂剥きはかなりできてきましたね。力も抜けてきました。 このまんまの力加減で大根に移行できたら良いのですが持ち帰るとムギュっと力みが出てきます。無理も無いですが、厚い薄いができるのは面圧を理解、イメージできていないためです。
まだ包丁を人差し指の内側で左に押していますね。右手でふすまを開けるような動きです。   そうではなく面圧は右手で百貨店や銀行の重いガラスドアを押し開けるときのい力の方向なのです。 絶対に左には動かしません。

引く側(むそう塾 側)が苦手なようです。 むそう塾側の赤ペンが足りていないのです。腕や肩が角度を憶えていないのでゆらゆら調節しながら引くので丸刃になっています。引くときも背に10円玉1枚の隙間をキープしてください。 身体に憶えさせるということは正しい動きの反復練習しかありません。 覚えるまでやるしか方法は無いのです。

有次側は実に正しく砥げています。 すばらしい。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. きよ のコメント:
    中川さん

    ご指導ありがとうございました。

    力を抜くこと、面圧の方向に気をつけて練習します。

    包丁はひく側の方を特に赤ペン練習します。
    有次側も正しく研げていたようですが、泥も出ていないですし、
    まだこうすれば良いという実感が自分の中にないので
    引き続き気を抜かずに練習します。

    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です