桂剥き投稿2018  Isさん(116-3)



Air桂剥きと大根のときに包丁の持ち方が違いますね。 大根を剥くときに右手の親指と人差し指の股が緩すぎます。 もっと締まったV字にならなければ桂剥きはできません。ゆるいと合谷の筋肉が使えないのです。
剥いている最中にあなたからは自分の右手甲が見えていないはずです。真右を向いていますから。 右手の甲は右上の天井を向くのが正解です。 確認してみましょう。
まな板の下に滑り止めは敷いていますか?


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ナッパ のコメント:
    手の甲、自分から見えていません。持ち方をもう一玉確認します。
    まな板の下に滑り止めも敷いておりませんでした。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です