メニュー

塾生のきょうの100点お弁当

毎朝Twitterで展開されている無料お弁当レッスン「OBENTERS」。

最初はヘタクソでも毎朝頑張って投稿している内に、こんな素敵な100点満点のお弁当に進化します。

140文字に込める真剣(マジ)なレッスンは誰にも真似は出来ないはずです。

プロ指導のマクロビオティック弁当2789 じゅんじゅんさん 2023.2.23

【京料理人が個人指導するマクロビオティックの陰陽お弁当 2789】

#musobento

 

<じゅんじゅんさんのお弁当>

じゅんじゅん 

【わたしのお弁当です。小豆玄米ご飯220g(おみそさん)、牡蠣バタぽん、菠薐草お浸し、大根金平。糠漬け、お味噌汁。盛込み2分10秒です。よろしくお願い致します。】

 

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生作品のお弁当)

 

中川善博 

 文句なし 💯! 美味しそうに出来ています。 ご飯もふうわり美味しそうに炊けています。牡蠣ドリップ出さずに上手に仕上げています。 うまそう 

じゅんじゅん 

ご指導ありがとうございます。牡蠣バタぽん初めて作りましたが、美味しくできました。 

 

<マクロ美風より>

牡蠣の旬もあと少しですね。
こうして時雨煮とはまた違った軽さでいただくのも春らしくて良いと思います。
毒消しの大根もあって安心できます。
季節柄、少しずつ陰性を意識したお料理にシフトしていけるといいですね。

 

(他の100点お弁当はこちら、全部のお弁当はこちらからご覧ください。)


カテゴリー: | コメント(2)

コメント

  1. じゅんじゅん より:

    美風さん

    こんばんは。
    お弁当を記事に取り上げてくださり、ありがとうございます。
    牡蠣は時雨煮にしようか迷いましたが、なんだか濃すぎるような氣がしてバタぽんにしたのでした。時雨煮よりさっぱりしていて、美味しく頂くことができました。
    これから春に向けて緩むほうにご飯とおかずの組み合わせを考えていきます。
    以前ご飯とおかずの組み合わせについてアドバイスいただき、プレーンな玄米ご飯より小豆玄米ご飯を多く炊くように心がけていたら、去年の今頃よりずっと食欲が落ち着いてることに氣づきました。いままでずっときつい食べ方をしていたんですね。
    お教室に伺えないときでも、こうしてアドバイスいただけること本当に感謝しております。

    • マクロ美風 より:

      じゅんじゅんさん、こんばんは。

      牡蠣の料理方法を自然に感じ取っておられたのが素晴らしいですね。
      時雨煮は寒い季節にピッタリのお料理ですが、じゅんじゅんさんのような陽性さんは、もう少し緩めても大丈夫ですね。

      陽性が強くなると、食欲が増すのですが、春はどちらかというと排出にポイントを置きたいのです。
      取り込む(陽性)より出す(陰性)ことを意識して献立を立てると、体が楽になりますよ。
      陰陽を知っていると、離れていても体調コントロールの話ができて便利ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

中川ブログ マクロ美風ブログ
お問い合わせ