メニュー

塾生のきょうの100点お弁当

毎朝Twitterで展開されている無料お弁当レッスン「OBENTERS」。

最初はヘタクソでも毎朝頑張って投稿している内に、こんな素敵な100点満点のお弁当に進化します。

140文字に込める真剣(マジ)なレッスンは誰にも真似は出来ないはずです。

京料理人指導のマクロビオティックお弁当1913 Ryokoさん・麗可さん・じゅんじゅんさん 2020.9.24

京料理のプロが個人指導するマクロビオティックの陰陽を考えたお弁当 1913

#musobento

 

<Ryokoさんのお弁当>

Ryoko 

【自分用です。小豆玄米ご飯210g、地鶏照焼き、小松菜お浸し(ポン酢別)、切干大根、別で糠漬、盛込み 2分49秒です。宜しくお願いいたします。】

 

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生作品のお弁当)

 

中川善博 

文句なし 💯!  美味しそうに出来ています。 これくらい迫力のある弁当を毎日食べましょう。 盛り付け時にすこし悩みすぎたので20秒ほど無駄にしています。 その分疾走感が失われるのです。 速さも旨さなのです。 

Ryoko

メインが大きすぎたかな、と迷いながらの盛付でした。「これ!」と決めたら悩まず進みます。疾走感あるお弁当作れるよう積み重ねていきます。本日もありがとうございました。

 

<マクロ美風より>

あのおかずがいらない小豆玄米ごはんにしてはおかずが多いのでは?という私の予想に反して、男性目線だと「迫力」ととらえるところが面白いお弁当でした。

でもまあ、毒消しもしっかり入っているので、これでセーフですね。

召し上がってみてのご感想はいかがでしたか?

特に午後の体調や仕事への影響を知りたいです。

 

*   *   *

 

<麗可さんのお弁当>

麗可 

【整体の先生への差し入れ用お弁当です。稲荷寿司(リサイズ、ガリ別添)、盛込15秒です。よろしくお願い致します。】

 

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生作品のお弁当)

 

中川善博 

文句なし 💯!  お、祇園サイズですね。うまそうです。 ぽいぽいっとお口に運べるサイズはついついもう一個とあとを引いてしまう美味しさです。 先生が喜んでくださいますように。 

麗可 

ありがとうございます。はい、喜んでくださると嬉しいです。

 

<マクロ美風より>

久しぶりのお弁当投稿ですね。

塾生の勉強のためにありがとう。

9月もお彼岸を過ぎて涼しくなってきたので、いよいよお稲荷さんの出番ですね。

写真を見ただけで、あの美味しいお味が「じゅわ〜」と口の中に広がります。

先生もきっと喜んでくださったことでしょう。

そして、玄米ごはんをお好きになってくださったら嬉しいな。

 

*   *   *

 

<じゅんじゅんさんのお弁当>

じゅんじゅん 

【わたしのお弁当です。とんかつ重(BM入りデミソース)、南瓜茶巾、きゃべつスープ煮。糠漬け。盛込み2分15秒です。よろしくお願い致します。】

じゅんじゅん 

【追記。玄米ご飯219gです。よろしくお願い致します。】

 

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生作品のお弁当)

 

中川善博 

文句なし 💯! 美味しそうに出来ています。 かぼちゃも濃厚な秋かぼちゃで作れていますね。キャベツの包丁に工夫が合って良いです。 カツはすこし上げ時間が長かったので適温たっぷりの油で揚げるようにしましょう。

じゅんじゅん 

かつはちょうどのタイミングで引きあげられるように、湯温、時間の見極めしっかりします。きゃべつはおまとめをお手本にしました。本日もご指導ありがとうございます。

 

<マクロ美風より>

朝、投稿の写真をパッと見た時、すぐキャベツに目が行きました。

誰だったか先輩がしていたなあと思いました。

先輩の時にも感じたのですが、ざく切りしたキャベツをスープ通しのまま使うより、丁寧な仕事がしてあっていいなと思いました。

ところで、カツのソースがふたの内側につかないのか気になっています(^_-)

 

(他の100点お弁当はこちら、全部のお弁当はこちらからご覧ください。)


カテゴリー: | コメント(6)

コメント

  1. 麗可 より:

    美風さん
    Ryokoさんとじゅんじゅんのお弁当と一緒に取り上げてくださって、ありがとうございます。
    涼しくなり稲荷寿司を差し入れ出来るようになったので、日頃の感謝の気持ちを込めて作りました。
    「稲荷寿司作りました。良かったら召し上がってください」と渡したら、とても喜ばれてました。

    • マクロ美風 より:

      麗可ちゃん、こんばんは。

      中川式の稲荷寿司は本当に美味しいので、きっと嬉しい差し入れとなったことでしょう。
      朝早くからの稲荷寿司作り、お疲れさまでした。

  2. じゅんじゅん より:

    美風さん

    こんばんは。
    Ryokoさんと麗可ちゃんのお弁当とともに記事に取り上げてくださりありがとうございます。
    シズル感あふれるおふたりのお弁当に引きこまれます。

    美風さんがおっしゃるように、お弁当の蓋を開けたらマッシュルームがカツの上から消えていました。
    せっかくのソースが〜と思いましたが、ご飯をよくばりすぎていました。
    きゃべつは、おまとめをお手本にしていますが、味の染みもよく食感もいいので、このように作ることが多くなりました。
    反省点もあるのですが、中川さんから文句なしを、美風さんからきょうの100点お弁当に選ばれると嬉しく、次もがんばろうと思えます。
    失敗からの学びがこれからの投稿に反映するよう努めます。

    • マクロ美風 より:

      じゅんじゅん、こんばんは。

      >お弁当の蓋を開けたらマッシュルームがカツの上から消えていました。

      やっぱり〜(笑)
      ごはんが多いのではなくて、お弁当箱が小さいのよね。
      カツ重にするなら、もう少し大きめのお弁当箱がよいと思います。
      ごはんは200g以下にはしない方がよいのでね。

  3. Ryoko より:

    美風さん、こんにちは。

    いつも美味しそうなお弁当を作り上げる、麗可ちゃんと、じゅんじゅんさんと
    一緒に記事にしていただき、嬉しいです。 

    はい。私も盛付しながら、メインが多かったかな~と思っていましたが、
    迫力のあるお弁当とのお言葉をいただき、これくらいが私には必要なのかな?
    と思いながらお昼ご飯をいただきました。

    食べてみて、おかずが余る事もなく、重い感じもなく、バランスよくいただけました。
    振り返ってみると、午後からの仕事に集中できていたので、
    昨日の私にはちょうどよいお弁当だったようです。

    迫力ある、力強いお弁当が作れるようになりたいです。

    • マクロ美風 より:

      Ryokoちゃん、こんにちは。

      なるほど。
      昨日はあのおかずの内容でちょうどよかったのですね。
      では、これからは陽性を意識してお弁当を作ってみてください。
      そして、中川さんの言われる「迫力」の効果を実感してみましょう。
      そうやって、自分の体の反応を正しく把握しながらお弁当を作ると、より理想的な体調になれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

中川ブログ マクロ美風ブログ
お問い合わせ