メニュー

塾生のきょうの100点お弁当

毎朝Twitterで展開されている無料お弁当レッスン「OBENTERS」。

最初はヘタクソでも毎朝頑張って投稿している内に、こんな素敵な100点満点のお弁当に進化します。

140文字に込める真剣(マジ)なレッスンは誰にも真似は出来ないはずです。

京料理人指導のマクロビオティックお弁当1787 好さん・じゅんじゅんさん 2020.5.21

京料理のプロが個人指導するマクロビオティックの陰陽を考えたお弁当 1787

#musobento

 

<好さんのお弁当>

 

【自分用お弁当。豆ご飯200g(冨貴味噌)、にぬき(塩)、満願寺唐辛子山椒炒、烏賊チリ、糠漬け、モバ味噌(海苔)。盛込2:17。本日もよろしくお願い致します。】

 

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生作品のお弁当)

 

中川善博 

文句なし 💯! 美味しそうに出来ています。 豆ごはんとチリがよく合うのですよねぇ。 彩りも撮影も綺麗に整っています。美しい

 

彩りを美しくを意識しておりましたので伝わっての、文句なし、嬉しいです!本日もご指導ありがとうございました。

 

<マクロ美風より>

彩りが綺麗なのは好ワールドなのですが、今日のは季節の変化を感じさせながらの彩りでしたね。

煮抜きが見事に切れていて、なんとも気持ちの良い切り口でした。

豆ごはんも200gでは足りないくらいの美味しさだったことでしょう。

見事な撮影から、今日も良い氣がもらえました。

ありがとう!

 

*   *   *

 

<じゅんじゅんさんのお弁当>

じゅんじゅん 

【わたしのお弁当です。玄米ご飯224g(じゃこ生姜煮)、出汁巻玉子、蔓紫お浸し、茄子胡麻よごし。糠漬け。盛込み2分37秒です。よろしくお願い致します。】 

 

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生作品のお弁当)

 

中川善博 

文句なし 💯!じゃこも茄子も上手に出来ています。 おかずゾーンのバランスも盛り付けもすばらしい うまそう

じゅんじゅん

今日のお弁当は、さえさんの作品をお手本にいたしました。文句なし💯!とても嬉しいです。沢山の素晴らしいお手本から学べることに感謝です。本日もご指導ありがとうございます。 

 

<マクロ美風より>

あなたのおっしゃるように、OBENTERS™の投稿には膨大なお手本が残されています。

しかし、それを活かしてご自分のものにできるかどうかは、塾生さん一人ひとりの学ぶ意欲にかかっています。

あなたは見事にそこからしっかり学ばれています。

陽性さんらしい学び方ですね。

 

(他の100点お弁当はこちら、全部のお弁当はこちらからご覧ください。)


カテゴリー: | コメント(4)

コメント

  1. じゅんじゅん のコメント:
    美風さん

    おはようございます。
    好さんの鮮やかで美しいお弁当とともに取り上げてくださりありがとうございます。
    先輩と一緒に記事にしていただくと励みになりますし、もっと頑張ろうという氣持ちになります。
    好さんのチリソースと豆ご飯の組み合わせのお弁当は、中川さんのチリソースが未知のわたしにとって憧れのお弁当です。

    おまとめのお弁当集からは、旬や毒消し、最高に美味しい組み合わせや正しい盛り付け配置が学べるのでとても有難く、よく見ています。お手本と自分の投稿を見比べ、改善点も見つけられます。
    昨日のお弁当では、さえさんのお弁当にあるキレや清潔感、透明感がまだまだだと感じました。

    曖昧な記憶のままお手本通りに盛り付けようとしたり、お手本はこうだけど自分はこう盛込みたい、このおかずを盛込みたいとお手本から外れたお弁当を投稿すると、中川さんからその部分をご指導受けることが多いので、お手本を完全にコピーし基本を身につけることが自分の課題だと思っています。
    ご指導を受けられることへの感謝を忘れず取り組んでいきます。
    • マクロ美風 のコメント:
      じゅんじゅん、おはようございます。

      そうかあ、じゅんじゅんは中川さんの海老チリを習っていなかったのね!
      あれはとってもオススメの講座です。
      チリソースがメチャクチャ美味しくて、バリエーションも色々あるのでね。
      「夏のお弁当講座」なので、再開催の時には見逃さないでね。

      >おまとめのお弁当集からは、旬や毒消し、最高に美味しい組み合わせや正しい盛り付け配置が学べるのでとても有難く、よく見ています。お手本と自分の投稿を見比べ、改善点も見つけられます。

      あなたのこのコメントには、本当に大切なことがすべて網羅されていますね。
      だからこそ、グングン上達されているのですが、習っていないものは限界があったということです。
      ここがむそう塾がお料理を伝える時の難しさでもあるのですよね。
      zoomでは味も香りも伝えられないから。

      でも、そういう部分があるのもいいかもしれません。
      久しぶりに京都まで出かけたり、教室の空気から感じることもあるし、とにかく五感で感じることがいっぱいありますからね。
  2. のコメント:
    美風さん

    こんにちは。
    じゅんじゅんさんの美味しそうなお弁当と記事にして頂いてありがとうございます。

    季節の豆ごはんは香りもよくおいしかったです。季節は巡って目には見えない時間が流れていると感じます。

    季節のお弁当に気持ちの良いにぬきを添えることができてうれしいです。
    にぬきは一度教えていただいていたのに苦手でした。参加型の和牛時雨煮弁当を受講した際、実習中に他の塾生の方にアドバイスされる中川さんの言葉が遠くから耳に入ってきて、ポイントがつかめて練習いたしました。

    この日、ファインダー越しにみたお弁当は、
    久しぶりの万願寺唐辛子の色が美しくて目が覚めるようでした。
    • マクロ美風 のコメント:
      好ちゃん、おはようございます。

      おや、煮抜きが苦手だったのね(笑)
      好ちゃんほどの腕前でもそういう可愛いところがあったとは(^_-)-☆

      >実習中に他の塾生の方にアドバイスされる中川さんの言葉が遠くから耳に入ってきて、ポイントがつかめて練習いたしました。

      なるほど〜。
      実際に教室で習っていると、そういうことがいっぱいありますよね。
      苦手なところって大体他の人も苦手だったりしますから。

      そういえば、昨日も教室で魯肉飯に載せる味玉の切り方を教えている時、中川さんが秘伝中の秘伝を説明していました。
      今まで話していなかったことなので、「おっ!」と思いながら聞いていました。
      すごく繊細な内容でしたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

中川ブログ マクロ美風ブログ
お問い合わせ