メニュー

塾生のきょうの100点お弁当

毎朝Twitterで展開されている無料お弁当レッスン「OBENTERS」。

最初はヘタクソでも毎朝頑張って投稿している内に、こんな素敵な100点満点のお弁当に進化します。

140文字に込める真剣(マジ)なレッスンは誰にも真似は出来ないはずです。

京料理人指導のマクロビオティックお弁当1850 おはるさん 2020.7.23

京料理のプロが個人指導するマクロビオティックの陰陽を考えたお弁当 1850

#musobento

 

<おはるさんのお弁当>

おはる 

【自分仕事用です。みょうがご飯170g(冨貴味噌)、鶏つくね照焼、満願寺お浸、茄子のあぶら炊き、糠漬です。盛込1分45秒です。よろしくお願いいたします。】

 

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生作品のお弁当)

 

中川善博 

文句なし 💯!  美味しそうに出来ています。  夏の弁当ですねぇ。 爽やかでコクが在って良いです。 境界線もキレがあっていいね。

おはる 

ありがとうございます。境界線を意識して盛り込み、食後感も良かったです。

 

<マクロ美風より>

茗荷ご飯、美味しいですよねぇ。

私も大好きです。

170gのご飯だと、食後も胃腸に負担がかからないので、午後も良い感じだったようですね。

あなたらしい優しいお弁当だなぁと思いました。

 

(他の100点お弁当はこちら、全部のお弁当はこちらからご覧ください。)


カテゴリー: | コメント(2)

コメント

  1. おはる のコメント:
    美風さん、おはようございます。

    大好きな献立を詰め込んで、いつもよりは境界線も意識して、
    食後感がいつもと違う!と実感したお弁当だったので、
    記事にしていただいて、とても嬉しいです。

    教わった沢山の献立の中から、日々の状況、陰陽、迎える一日の暮らしを
    思いながら、お弁当に仕上げるのがとても楽しいです。

    きちんとすること、丁寧にすること、、ものすごく苦手なのですが、
    克服して苦手だった自分を忘れてしまうよう、毎朝の
    お弁当投稿についていきます。ありがとうございます。
    • マクロ美風 のコメント:
      おはるちゃん、おはようございます。

      >きちんとすること、丁寧にすること、、ものすごく苦手なのですが、
      >克服して苦手だった自分を忘れてしまうよう、

      うんうん、おはるちゃんの動作の端々にそれを感じます(笑)
      他にもそういう塾生さんが何人もいらして、ご自分では自覚されていないようなのですが、それが上達を阻んでいるのです。
      そこを指摘すると、意識している時には治るのですが、無意識になるとまた出てくるのです。
      この繰り返しを10年以上も続けていると、もう無理なのかな?と思ってしまうことも多々あります。

      でもね、本気になったら直せるはずだと思うのですが、人は命がかかるくらいでないと直せない生き物なのかもしれません。
      「克服して苦手だった自分を忘れてしまうよう」って、皆さんが苦労されるお箸の持ち方と同じですね。
      あれも直す意志があるかないかの問題ですが、人は楽な方に流れるものなのですよね。

      苦手なことに真摯な姿勢で向き合い、努力されているおはるちゃんの姿を映し出したようなお料理を見ると、キッチンで頑張っている姿を想像してしまいます。
      そして、ウルッとしているんですよ。
      おはるちゃんのこと、全力で応援していますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

中川ブログ マクロ美風ブログ
お問い合わせ