メニュー

塾生のきょうの100点お弁当

毎朝Twitterで展開されている無料お弁当レッスン「OBENTERS」。

最初はヘタクソでも毎朝頑張って投稿している内に、こんな素敵な100点満点のお弁当に進化します。

140文字に込める真剣(マジ)なレッスンは誰にも真似は出来ないはずです。

プロが個人指導する毎朝のお弁当(200)

【プロが個人指導するマクロビオティック陰陽弁当 200】2015.8.6

 

<舞さんのお弁当> 

【私のお弁当:鱧の黒酢あん(赤緑万願寺・木耳・玉ねぎ)・赤芋茎炊いたん(絞り生姜別)・丸オクラお浸し・モバみそ・糠漬・玄米210gに塩昆布、盛込み2:18です。よろしくお願いいたします。】

 

マクロビオティック陰陽弁当

 

  • 中川善博 
  • こりゃ美味そうですね。鱧は甘酢餡によく合います。南蛮漬けによくされるのもそうですね。新しく鱧という食材を手に入れたのですからもっと晩秋まで使い切りましょう。美味そうです。100! 
  • わ、ありがとうございます! 味見してみたら美味しかったです。美味しい食べ方も教えていただいてありがとうございます。今年の夏秋は鱧を満喫します^ ^

 

<マクロ美風より>

鱧を自分でおろして、骨切りをして、こんなふうに見事なお弁当を作って、なんて素晴らしいことなんでしょう。

ましてや東京の人が鱧を扱うのですから、それはとても大変なことです。

鱧の本当の美味しさを知った今年の夏は、鱧記念年ですね。

鱧のあの生命力と根性(笑)から、良い陽性をもらえることでしょう。

それにしてもこのお弁当箱は形が可愛いですね。

手ですっぽりと包みこんで手触りを楽しみたい衝動にかられます。

ご飯を炊いて、おかずを作って、盛り込んで、すべての工程に「丁寧さ」を想像させ、魂に働きかけるお弁当ですね。

 

(他の100点お弁当はこちら、全部のお弁当はこちらからご覧ください。)


カテゴリー: | コメント(2)

コメント

  1. のコメント:
    美風さん、こんばんは。記事にしていただきありがとうございます。
    魂に働きかける・・・!すごいお言葉にびっくりしてしまいました。

    骨切りだけでなく、まさか自分でおろすようになるなんて・・・と未だにこの半月の展開が夢のようですが、おろすところから自分の手でやると、失敗したときに言い訳ができないのが気持ちよいです(笑)

    鱧をいただくと、じわっと、気づいたら体力気力が続いている感じで、お肉よりも負担が少ない感じがします。
    あの根性wにあやかって、力強く、夏をこえてゆきます。

    お弁当箱、ころんとした形と質感が私も気に入っていて、
    さらにご飯が多くておかずが少なめなのもありがたいので、愛用していこうと思います。
    • マクロ美風 のコメント:
      舞ちゃん、おはようございます。

      はい、魂に働きかけられたんです(笑)
      もし私がこのお弁当箱を渡されたら、思わず両手で包み込んでしまうでしょう。
      心の温かさや感謝の気持ち、そして作り手(舞ちゃん)の想いをじんわり感じることでしょう。
      それはお弁当箱の形が陽性だからなおのこと魂に働きかけるのだと思います。

      それにしても鱧のあの根性(笑)には感動しますよね。
      あれだけ切られてもまだ動いている根性は私も見習いたいです^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

中川ブログ マクロ美風ブログ
お問い合わせ