メニュー

中川善博から娘へのお弁当

サラリーマン時代に出勤前に、毎朝登校する子どもたちに弁当を作っていました。

スマフォなんて無い時代です。ガラケーで撮影して毎朝ブログにアップしていました。

記事のデートを見れば時代が判りますね。

これが現在のOBENTERSのルーツなのです。

今日の弁当


雑穀米、梅干し、人参グラッセ、姫トマト、ジャガ芋塩蒸し胡麻塩かけ、ピーマン素焼き、丸茄子田楽、おからの焚いたん、玉葱赤梅酢漬け


カテゴリー: | コメント(9)

コメント

  1. nisimura より:

    毎日たのしみに開いています。参考にして作るのですが、
    いまひとつうまくいきません。料理は奥深いものです。
    梅干しは自家製ですか?漬け方を伝授していただけませんか?

  2. zenemon より:

    nisimuraさん こんにちは。
    毎日お越し下さいましてありがとうございます。
    梅干しですが、今使っているのは海の精製の市販品です。 昔ながらのしょっぱいすっぱい梅干しです。
    私の梅干しの漬け方はむかしおばあちゃんにならったまんまの普通の漬け方です。 梅の2割の天然塩で塩漬けして、白梅酢が出たら赤ジソをこれもまた2割の塩で揉み、アクをだしてから白梅酢に加えて色を漬けます。 「梅と同じ重さで押すんやで」と教わりましたのでそのとおりやっていましたが、私は梅の1,5倍の重さの方が良いような気がします。

  3. WINWINNORINORI より:

    ピンクの玉ねぎ、色がきれ~い!!梅酢に漬けるだけですか?

  4. miyabi より:

    初めて梅酢を購入したものの、まだあまり使いこなせずにいるんですが、玉ねぎが美味しそうですね。
    それに、いつ見てもお弁当の彩りがきれい。私も娘が大きくなったら、栄養と彩りの両方を兼ね備えたお弁当を作れるようになりたいものです。

  5. zenemon より:

    WINちゃん こんばんは。 そうです赤梅酢に漬けるだけです。 タマネギを粗い千切りにしてブランチング(さっと湯通し)してざるに上げ、あついまま梅酢に漬けて冷やします。

  6. zenemon より:

    miyabi さん こんばんは。 簡単ですから一度作ってみてくださいね。
    赤梅酢は白い野菜を漬けて食べると綺麗で美味しいです。
    娘さんが「私も私の子供にこんなお弁当作る」と思ってもらえるお弁当を作ってあげてくださいね。

  7. nisimura より:

    さっそくのご伝授ありがとうございます。
    きょう友人から梅を頂いたので参考にさせていただきます。

  8. zenemon より:

    nisimuraさん おはようございます。 がんばって漬けてくださいね。
    7月末(土用)までにしそ漬けまで終えておき、土用干しをするのが本道ですね。 梅と塩の質だけで味が決まります。 あとは手間暇と食材への愛情が調味料です。

  9. nisimura より:

    塩で味の違いが出るのですね。
    やはり材料は吟味して買い求めた方がよいようですね。
    塩は天海の塩(高知県室戸沖の海洋深層水100%使用)
    を購入しました。さぁ~頑張って漬けます。
    美味しく出来上がりましたら、お知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

中川ブログ マクロ美風ブログ
お問い合わせ