メニュー

マクロビオティックの盲点

マクロビオティックの考え方は、東洋思想の陰陽を解りやすく整理して、世の中のすべての現象を哲学的視点で見直すものです。食という身近なテーマから入って、まずは健康を確立することが第一歩です。しかし、まだ健康段階で悩んでおられる方は、体質や体調に合っていない食べ方をしている場合が多いので、そこを明らかにするヒントがこのサイトには沢山盛り込まれています。ご自分の陰陽がよく判断できない場合は、どうぞむそう塾までお問い合わせください。一緒に考えてみましょう。

日本に存在する二つのマクロビオティック

マクロビオティックは桜沢如一という人が、それまであった「食養」という食べ物で病気を改善する方法に、東洋哲学を加えた考え方です。
マクロビオティックが提唱された当時はこの哲学部分に共感する人が多く、陽性化する食べ方が功を奏して健康になって行く人が多かったのです。しかし、その食べ方を長く続けるうちに、体調が今ひとつになる人も多く、それはどうやら塩分の摂り過ぎではないかと思う弟子達も出て来ました。

 

時代は変わり、マクロビオティックが海外にも広まって行き、その一つに久司道夫氏がアメリカで提唱されたマクロビオティックは、桜沢如一氏のマクロビオティックより陰性にして伝えられました。それが日本でも逆輸入され、今ではこちら系統のマクロビオティックを実践される方が多くなりました。
このようなことから、日本には少し内容の違うマクロビオティックが2系統存在することになり、そのことがマクロビオティックを始めてからの体調の変化に影響しています。

 

むそう塾ではどちらのマクロビオティックも意味のある存在と認識していますが、体調不良になることだけは解消してあげたいと思っています。
もしあなたが体調不良で悩んでおられるのでしたら、食事内容をもう一度見直すきっかけにしていただきたいと思います。


カテゴリー: | コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

最近のコメント

月別アーカイブ

中川ブログ マクロ美風ブログ
お問い合わせ