第133回玄米の炊き方秘伝(愛クラス)を終えて

3月1日に「第133回玄米の炊き方秘伝(愛クラス)講座」を開催しました。
参加者の内訳は、埼玉県1名・神奈川県1名・石川県1名・京都府1名・岡山県1名・長崎県1名、新人さん2名・再受講者4名の6名でした。
当日の様子はこちらから。

今回は成長期のお子様を抱えた新人さんがお二人で、その他に子育て大先輩の再受講者がいたり、高血圧の先輩がいたりして、塾生さん同士で話の弾む愛クラスになりました。
それは懇親会でも同じで、懇親会が終わったのが20時50分という盛り上がりぶりでした(笑)

血圧が140でも降圧剤を飲んでいたり、お塩がダメだと思っていたり、アドバイスしたいことが山のようにありました。
でも、この方の問題の大元はストレスだと確信しています。
ストレスからの逃避が始まっているので、ぜひ玄米投稿を通じて、穏やかになれるご自分と向き合っていただけたらいいなあと思いました。

また、お子さんの食物アレルギーがあって、お食事バランスを取るためにいらしてくれた人は、本を頼りに食養料理をされていたようですが、少し古い情報に振り回されているように感じました。
一口にマクロビオティックといっても、あるいは食養料理といっても、それを召し上がる人の体調にピッタリ合っていないと、効果が得られにくいので、独学では限界があります。

特に思春期を迎えた年齢だと、周りのことがすごく気になりますし、精神面のダメージも大きくなりますので、食べ物を制限するのではなく、何を食べたら調子がよかったのか?というプラス面から切り込んでいくとダメージがありません。
これは発想が180度違うので、いわゆる除去食で積もっていた不満を解消するにはよい方法なのです。

何事もそうですが、制限というのは一時的にはよくても、長く続けると効果が薄れるだけでなく、偏りが出てきて、その偏りの方が大きな問題になってしまいます。
不満もたまりますしね。
食物アレルギーで困っている人は、成長とともに心身は変化することを忘れずに、現実に即した解決方法をさぐられることをおすすめします。

それから、朝起きられないお子さんを抱えた人もおられました。
お医者さんに行ったら、塩を摂れと言われたとか。
いいお医者さんですね〜。素晴らしいです!
むそう塾では、そういうお子さんに召し上がっていただきたいお料理をいっぱい教えています。

つまり、体に必要な塩と、害になる塩の区別をして、その摂り方を教えています。
これが物凄く大事なんですよね。

また、すごくお久しぶりに再受講してくださった塾生さんは、玄米から離れて白米を食べているうちに病気になってしまい、慌てて玄米を食べようと戻って来てくれました。
もういちど原点に立ち返って、それ以上病気が悪化しないことを祈っております。

今回は単発講座と連続で再受講してくださった塾生さんが3名もいて、和気あいあいと楽しくおしゃべりされていたのが印象的でした。
新人さんへのフォローもありがとうございました。
懇親会も楽しかったですね。
また、色々なお話をしましょう♬

皆さんの玄米投稿をお待ちしています!

 
 

【福ZEN):きなこ南瓜 おからの炊いたん きんぴらごぼう ひろうす伊式煮込み 青菜胡麻和え 手綱蒟蒻 あらめビーフン 菜の花辛子浸け 粟麩田楽
玄米ご飯 ぬか漬け 味噌汁 胡麻豆腐】


(料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 玄米の炊き方講座, からだ | 4件のコメント

「手を洗いすぎてはいけない」超清潔志向が人類を滅ぼす

昨日Twitterで、新型コロナウイルスの感染防止のため、石鹸をつけて手洗いを続けている人が、手が荒れて指先が裂けて痛いとつぶやいていました。
そりゃあそうでしょうと思いました。
そういう人にはこの本をおすすめします。

 
 

「手を洗いすぎてはいけない」超清潔志向が人類を滅ぼす 藤田紘一郎著

 
 

私が30年ほど前に藤田先生にお会いしたとき、それまで大事にしてきた子育ての方針を大いに褒めてくださって、私に「不潔のススメ」をしてくれた先生でもあります。
私の子育ては、もう50年近く前からしていた野口整体の考え方がベースなので、常在菌を大切にする暮らし方をしていました。

ですから藤田先生のお話はとても納得できるものでした。
それから自信を持って「キタナイ」生活を楽しんでいます(笑)

もう60年近く薬は使っていないし、食べ物でも腸内細菌を大事に育てているので、免疫はしっかり働いてくれるはずと信じているからです。
あ、そうそう。コロナウイルス対策って、マスクや消毒の問題より、結局は個人の免疫力が勝負なんですよね。

ということで、コロナ騒動の今の場合、私は次のようにしています。
外出する場合はなるべく換気の良い場所を選ぶ、エレベーターより階段を使う(エレベーターより人が少ないから)。
マスクはなし。(コロナ患者ではないから)
帰宅したら流水で10秒手洗いのみ。

免疫力といえば、さっきの手洗いのこともそうですが、免疫力を応援する食べ物を常々摂っておくことが重要です。
免疫力の鍵は腸が握っていますので、常に腸内環境を意識した食べ物と暮らし方が、いざという時には力を発揮します。

後はメンタル面ですよね。
新型コロナウイルスを恐れている人の情報ばかり入って来て、そちらに気持ちが引きずられてしまっている人が多いのですが、そういう状態だと免疫力も落ちます。

先日も「NHKが言っていたから本当だ」と信じて疑わない人がいました。
いえいえ、今はそういう時代ではないのです。
必ず情報には裏があるのですから、その裏をしっかり考えなくては誰かさんの思い通りになってしまいます。

テレビの情報に踊らされることなく、自分の頭で考えて、自分の身は自分で守りましょう。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ, こころ・想い | コメントする

トイレットペーパーがないと怒る女性 災害時の人間の本性

今朝、歩いていたら途中で雨が降ってきたので、最寄りのドラッグストアに傘を買いに入った。
まだ振り始めだったので傘は並んでいなくて、店員さんが奥に傘を取りに行ってくれた。

待っている間、入り口の方が騒がしいなあと思って見たら、60代くらいの女性が他の店員さんに文句を言っている。
トイレットペーパーやマスクを買いに来たのに、在庫がないことを怒っているのだ。

あれれ?
トイレットペーパーとマスクの原料は違うよ〜。
どうしてそんな発想するかなあ?

そのお客さんがお店の中に入って行き、先ほど応対していた店員さんと目が合った。
私「大変ですね」
店員さん「毎日こんな状態なんです」

テレビの影響なのだろうが、もっと冷静に考えてみようよと思ったのだった。

*   *   *

しかし、これは人間の問題でもあるのだ。
大きな災害時には、得てして人間の本性が出るもの。
だから、そんな時に自分はどんな行動をとるのか?、見苦しい行動をとるのか?
普段から気をつけておきたいと思った。

目先のことしか考えないで行動するのではなく、もっと大局を考えることができたら、情報の真偽も見抜けるし、卑しい行動を取らなくても済む。

オイルショックを経験している者としては、冷静に非常時の本質を見抜く力の必要性を感じたことだった。

こういう記事があったので、ここにリンクしておきます。
店員さんたちが可哀想じゃないですか。もっと冷静になりましょう。
「コロナよりも怖いのは人間だった」。ドラッグストアの店員が語る恐怖の体験 2020.3.1

 
 

(京都 堀川に咲く河津桜 中川善博iPhone撮影 2020.2.26)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: その他 | コメントする

「おせちの盛付秘伝講座」(2月28日開催)を終えて

昨日は2回目の「おせちの盛付秘伝講座」を開催しました。
参加してくださった皆さんの笑顔です。

 
 

(おせちの盛付秘伝講座 2020.2.28)

 
 

秘伝コース修了生3名・秘伝コース在籍生1名・満足コース在籍生2名・上級幸せコース在籍生2名・上級幸せコース修了生1名の9名でした。

前回(2月24日)は秘伝コースの修了生と在籍生が8名でしたので、中川さんのおせちの味や盛り込みを知っている人が多かったのですが、今回は秘伝コースのおせちを習った人が4名でした。

まだ知らない中川さんのおせちの世界を知ることができて、これから秘伝コースに進まれる人にとっては予習になってよかったと思います。
上級幸せコースの人にとっては、秘伝コースへの夢が膨らんだ一日だったことでしょう。

秘伝コース修了生の舞さんからは、良質の質問がたくさんあって、他のかたもとても勉強になったことと思います。
今回もiPad Proが大活躍して、中川さんもせっせとイラストを描いていました。

私が感心した説明がこちらのイラストです。
「お料理は買い物から始まっている」というのが、とてもよく理解できる解説でした。

 
 

 
 

 
 

*   *   *

また、数の子についての質問があって、イラストで描いても説明しにくい内容のとき、たまたま“あること”のために購入してあった数の子があって、それを使って説明がありました。
(ピントが合っていなくてすみません。)
舞さんもこれでやっと理解できてε-(´∀`*)ホッ

 
 

 
 

“あること”とは、中川さんのおせちで作る数の子が物凄く美味しくて、私がまたあの数の子が食べたいとおねだりして、これから作ってもらおうと用意していたものだったのです。
中川さんが「私のおせちには美味しいものしか入れない」と話していましたが、本当にそうなのです。
その一つがこの数の子で、こんなに美味しい数の子は今まで食べたことがありませんでした。

*   *   *

秘伝コース修了生でも疑問点がいっぱいあるのがおせちです。
それはまだ数をこなしていないからなので、こういう機会に解らないことを解消して、次回のおせちに反映できたら、どんどん素敵なおせちが作れるようになりますね。

塾生さんからの質問が前回とは全然違っていて、毎回受講したら凄い勉強になるだろうなあという濃い内容でした。
あと1回この講座がありますので、また新しい内容の勉強ができることを、私も楽しみにしています。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 | 4件のコメント

自分を親の介護の犠牲にしてしまわないように

誰しも年をとると、あちこちが若い時と同じようにはいかなくなります。
体の衰えが先に来て、それから精神面が影響を受けることが多いでしょう。

むそう塾には、60代で関東方面から通ってくださる塾生さんが何名かいらっしゃいます。
その方々に共通しているのは、むそう塾に通うようになってからお元気になられていることです。

最初は「毎月京都まで通えるかしら?」と不安に思っていらっしゃいますが、そのうちに楽しくなってきます。
それは、美味しいものを習って、ご自宅でも美味しいものを再現できるようになって、ご家族様に褒めてもらえるようになるので、すっかり気分がよくなるからです。

誰だって美味しいものをいただけばご機嫌になるし、お料理を褒められたら嬉しいものです。
それは年齢に関係ありません。
何歳になっても褒められるのは嬉しいのです。
いや、むしろ、歳を重ねるほど褒められるチャンスが少なくなるから、お若い人より何倍も嬉しいかもしれません。

*   *   *

そういう方々でも、ご両親の介護のためにご自分を犠牲にされる場面があります。
もっとお若い塾生さんでも、親の介護のために本来自分がやりたかったことを我慢されるのを見てきました。
でも、その後の結果がなんとも良い方向にいきません。

精神的な負担がとても大きいだけでなく、思うようにいかないとき、どうしてもご自分を責めてしまうんですね。
生真面目な人に特にこの傾向が強いです。

でもね、そんなにご自分を責めなくてよいのです。
そんなに親のために犠牲にならなくていいのです。
ここまではできるけど、これ以上は無理、というように区切ってもよいのです。
自分がボロボロになっても、それは自己満足のことだってあるのです。

親の介護には割り切りが必要です。
ある塾生さんと話をしていたら、「割り切ると冷たい人間になってしまう」と恐れている人がいました。
いえいえそんなことはありません。
割り切りとは自分を助けるための思考の整理なのです。

*   *   *

みんな自己責任で生きています。
体の不自由も精神の退化も、全部その人の責任です。
子どものせいではありません。
これからは親の介護のために、自分の人生設計が狂ってしまう人が沢山出てくることでしょう。

でも、どうぞ自分を完全に失うほど親のことに心を奪われないでください。
子どもに迷惑をかけてまで生きたい親なんていません。
子どもにはもっと自由でいてもらいたいのです。

どうぞ、束の間の休息でもいいから、一日だけでもいいから、あなただけのために時間を使いましょう。
いつもマイナスの氣に接しているのではなく、プラスの氣に接してこそあなたのエネルギーがアップします。

*   *   *

今は新型コロナウイルスのことに気が奪われて、暗い気持ちになったり、焦りと不安でいっぱいの人も多いことでしょう。
でも、そんな時だからこそ、暗い情報に長時間浸ることを避けた方がいいのです。

情報は把握するけど、悪いイメージばかりを膨らませないこと。
こんな時にも思考の陰陽バランスが大事です。
何かをためらっていた人は、楽しい予定を入れましょう。
それだけで180度気持ちが変わります。

陰から陽の氣に切り替えることを必ずしましょう。

 
 

(京都 堀川 戻り橋の河津桜 中川善博によるiPhone撮影 2020.2.26)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: からだ, こころ・想い | 8件のコメント