陰陽バランスがとれるとお酒はお料理のお供になる

先日、お酒のことで記事を書こうと思って、過去記事を検索していたら、ゴロゴロいっぱい出てきた。
中でもやっぱり印象的なのは、毎日お酒を飲んで、それが夕ご飯代わりになっていた人が、愛クラスを受講して玄米ご飯を食べ始めたら、ピタリとお酒がいらなくなったというもの。
同居するご家族も一緒に。
それからむそう塾のパスポートを取得されているから、効果の早さにビックリする。

今回もまたそういう人が登場して、アルコールや甘いものを求めるカラクリに再度納得しているところ。
陰陽バランスがとれると、お酒はあくまでお料理のお供になる。
このお料理には、〇〇のお酒があった方がより美味しそう♪という順序で。

もちろんお酒はコミュニケーションに大いに一役買ってくれるので、楽しいお酒は嬉しい。
でも、ストレス発散のためのお酒は一時的なもので、ストレスの本当の問題点を解決しない。
紛らわすだけだから、体にもよくない。

だから、ストレスがたまらない生活を続けていると、お酒はそんなにいらなくなる。
ストレスもお酒も量が多くなると健康を蝕むので、日々の暮らし方を見直した方がいい。

若い時には夜な夜なお酒を呑んでいた私が、ン十年後にこんなことを書くなんて・・・。
だから人生は面白い♬

 
 

(中川式唐揚げ 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

唐揚げにはやっぱりおビールが合う!

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 食べたもののようになる, からだ, こころ・想い | コメントする

中川式糠漬けの深い旨味は発酵の力 その力は皮膚をも綺麗にしてくれる

【糠漬けの旨味 発酵と産膜酵母】

先程、玄米ご飯を糠漬けでいただいた。
いついただいても、中川式の糠漬けは美味しい。

糠漬けといえば、私は20代の独身時代から自分で漬けていた。
でも、それは胡瓜が緑の糠漬けだった。

中川さんと一緒に仕事をするようになって、よく漬かった糠漬けの美味しさに魅了されるようになった。
もちろん、もう胡瓜の鮮やかな緑は消えて、モスグリーンになっているのだが、これがまた美味しい。

その美味しさの秘密は、発酵にある。
下手をすると、糠漬けと思っているものが「糠まみれの塩漬け」になっている人が多いのだが、中川式の糠漬けにはどんどん発酵している元気な美味しさがある。

この差は味だけでなく、体への影響も天と地ほど異なる。
つまり、発酵の力なんだなあと思う。

このブログでも何度も登場しているけれど、中川式の糠床には産膜酵母が生み出す旨味も加わっているから、奥深い旨味が噛むほどに感じられる。

 
 

【アトピーと蕁麻疹】

この糠漬けの乳酸菌のおかげで、アトピーが改善した人がむそう塾にはたくさんいる。
私の息子もその一人だ。

あ、そうそう。
先日、塾生さんから蕁麻疹でSOSのメールが来たのだけど、中川さんからすぐじゃい安Directを送ってもらったら、「治りましたー!」とメールがあった。
よかったε-(´∀`*)ホッ

アトピーも蕁麻疹も皮膚に症状が出るけど、皮膚は結果であって、原因は血液と腸にある。
美味しいものを食べてもいいけど、くれぐれも毒消しを忘れないでほしい。
できれば、日々陰陽バランスを取った食べ方をしてほしい。

そして、食べ物だけでなく、暮らし方も陰陽バランスを取るようにね。
精神面の影響は一番大きくて、食べ方なんて小手先のことと思えるくらいだから。

そんなことを思いながらいただいた玄米ご飯も最高だった。
もちろんフォースの炊き方で。
白米より美味しく感じる玄米ご飯って、世の中にそんなにあるものじゃない。

玄米でも米糠部分をいただき、糠漬けでも米糠のお世話になり、米糠が私の健康に貢献してくれているのは確かだと思う。

そういえば昔、熱海の芸者さんは米糠で体を磨いていたと大森先生が話していたっけ。
今も米糠石鹸ってあるらしいけど、私は使っていない。
そこまで行ったら、米糠女になりそう(笑)

 
 


(産膜酵母びっしりの中川式糠床 2014.9.25撮影 写真はこちらの記事から)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 中川式糠漬け, 子育て・野口整体・アトピー, からだ | 2件のコメント

宇宙の秩序を模倣し再現する生き方は安定を生み出す 

(オリジナルご飯茶碗 むの字 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

【器の向き】

マクロビオティックの「無双原理」から「無双」をいただいて、二つとないマクロビオティック料理教室を作ろうと思ってから12年。
本当に二つとない教室が出来上がりました。
その感謝の気持ちを込めて、念入りな打合せを経て完成した「むの字碗」。

当然のことですが、器には向きがあります。
このむの字碗の正面は、上の写真のように鉄釉のむの字になります。
小豆玄米投稿でのお写真に、正面を向いていないものが多くて残念に思っています。

器の説明はこちらの記事をお読みください。

 
 

【秩序】

器の向きなんて細かなことですが、この細かなことを意識できるかどうかは、氣の流れにとても影響します。
つまり、秩序立てることが日常的にできているかどうかにつながるからです。
一番日常的なのがお掃除です。
桜沢如一先生の言葉に次のようなものがあります。

お掃除とは秩序をつけることである。
そして、秩序とは宇宙の秩序を模倣し、再現することにほかならない。

これはお料理の盛り付けについても言えます。
むそう塾では毎朝OBENTERS™が盛り込み指導を受けていますが、これも秩序立てることを学んでいるのです。
毎朝「整える」ことを意識するのとしないのとでは、次第に大きな差がついて来ることを先輩たちがたくさん実証してくれています。

宇宙の秩序というと難しく感じるかもしれませんが、私たちはその宇宙の秩序の中で暮らしているのです。
たとえば、水は高い所から低い所に流れるのが常ですから、それを意識しておくことが「整える=秩序をつける」につながるのと同じです。

 
 

【歪みを正してくれるでしょうか?】

12年の間には色々な場面がありましたが、中川さんも私もこの「秩序」を大事にしてきました。
京都という歴史ある土地において、300年以上も続く萬亀楼さんで修業を積んだ中川さんの教えは、時として厳しく感じられるかもしれませんが、秩序という観点からは頷ける内容ばかりです。
12年経った今でも、日々「なるほどねぇ」と思えることがあって、京都の、いや日本文化の奥深さを感じているところです。

それらの内容は、先人たちが体験的に伝えてきたことであり、宇宙の秩序そのものだったりします。
しかし、時代とともにそれらは忘れ去られようとしていたので、なんとか次世代に伝えておきたいと思って、むそう塾のカリキュラムの随所に織り込みました。

それが、今年は新型コロナウイルスという初めての経験をすることになって、世の中は大騒ぎをしているのに、ちっとも慌てずにいる中川さんと私に気がつきました。
ふと考えてみると、それは二人に先人たちの教えがいっぱいあったことと、それを大事にしてきたことが安定につながっていると感じました。

そして嬉しいことに、多くのむそう塾生の皆さんも、不安定になることなくお料理を作りながら頑張ってくれています。
さすがに新しい塾生さんは、まだ不安の方が強いようですが、むそう塾で何年も学んでくださった塾生さんは、命で一番大切なものを自分で作れる自信があるので安定しています。
これも秩序なんですよね。

改めて思います。
自然の摂理と一緒に生きれば、初めての困難に遭遇しても、なんとか切り抜ける力を生み出せるし、それこそが生きていることなのだと。
今、世界中が揺さぶられて、その後に残ったものが一番自然の摂理に沿ったものなら、今までの歪みを正してくれるのかもしれません。
どうか、そんな時代になってくれますように。

 
 


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, 新型コロナウイルス, こころ・想い | コメントする

お料理を作ることによって生み出された氣とエネルギー 塾生さんの体験から

サイトの「塾生のきょうの100点お弁当」のコーナーで、むそう塾生の“きよ”さんが素敵なコメントを寄せてくれました。
コメントの記事はこちら

美風さん

とりあげ頂き、ありがとうございます。
コロナ騒動によって、
自分はどう考えてどう行動するのか
これから何を志して生きるのか
そんな風に人生を再度考える機会を
否応なく与えられました。

漠然と思っていた事、
何となく考えつつ先延ばしにしてきた事
そういった事にGOサインを出し
行動に移す時が来ていると思います。

コロナ騒ぎが起きてから、ますます
情報が溢れ、一見本物らしくみえる
沢山の情報の中から本物を選ぶのは
至難の技と感じます。

頭で考えるのではなく
自分の感覚を頼りに判断する方が
自分にとって正しくあるように思います。

そのためには、
自分を整えておく事が何よりですよね。
一見手間も時間もかかるお料理ですが
荒波を乗り越えていくためには、
そこは外せないと思います。

以前も書きましたが、
この事態に備えていたかのように
むそう塾で学ぶ事を選んだ自分に
感謝です!

 
 

上のコメントの中で、「以前にも書きましたが」というのは、「マスクは着けたり外したりこまめに対応しよう」に寄せられた下のコメントのことです。
下に載せておきます。

美風さん

いつも、わかりやすい記事を
ありがとうございます。

私もスーパーでレジに並ぶ時や
対面しなければならない時だけ
空気を読んでさっとつけるように
心がけています。
(時々、忘れますが…)

京都に行く時、電車の中では
マスク率100パーセントだなぁと
思いつつ、私だけしてませんσ(^_^;)

何と言っても苦しいですよね!
ただマスクつけて座っているだけでも
明らかに酸欠になります。
口呼吸にもなります。
子供にも、できるだけつけないように
言ってます。
もちろん、子供も大賛成です(^^)

知り合いの方で、
自宅で英語教室をされてる方が、
みんなマスクを着けるようになってから
ボーッとして全然授業にならないと
言ってました。

私の周辺では
コロナ自体を怖がる方もいますが
感染した時の周りの目を
最も恐れているように感じます。

特に田舎は感染者が少ない分目立ちます。
市内で最初に感染した方は、
周りからの圧力などで
引っ越されてしまいました。
本当にお気の毒です。

自分の感覚に従って
正しく情報を受け取れば
明らかに恐れる必要のないコロナ騒動
洗脳の恐ろしさを感じます。

どんなに
「怖くない」という情報を提供しても
恐怖というのは払拭するのは
至難の技なんですね。

先日も
むそう塾でいつも通り講座を受けて
普通に話して、普通に一緒に食べて
楽しかったです!
この状況で、そんな場に参加できる事は
色々な意味で有難いなと思いました。

 
 

【2つのコメントから教えられること】

いかがでしたか?
2つのコメントからは、きよさんの考え方や生き方が伝わってきて、とても気持ちがよいですね。
その中にとても重要なことが書かれています。

頭で考えるのではなく
自分の感覚を頼りに判断する方が
自分にとって正しくあるように思います。

そのためには、
自分を整えておく事が何よりですよね。
一見手間も時間もかかるお料理ですが
荒波を乗り越えていくためには、
そこは外せないと思います。

 
 

【氣の流れを意識して日々を過ごすこと】

きよさんのコメントにまったく同感です。
そして、これこそがマクロビオティックの目指すところなのです。
現代社会は往々にして頭で判断しすぎですが、この頭というのが曲者でして、権威に弱かったり、利害に影響されたりしてしまいます。

しかし、人間の直感や本能は案外正しいので、それをもっと信用しよう(優先させよう)というのがマクロビオティックの考え方でもあるのです。
そのためには、ただ信用するのではなく、日頃から直感の精度を高めるような暮らし方が必要です。

つまり、人間が生まれ持っている力を信じて、その力を最大限に発揮できるような環境を調えることで、余計なものは食べ物も情報も詰め込まないことが一番のポイントです。
そのために、自分の体や心と向き合って、それに合うお料理を作って、センサーとなるアンテナを錆びさせないようにするのです。

そのおかげで、今回のコロナ禍にあっても、慌てることなくいつもどおりのスタイルで対処出来るのです。
しかし、そうでない暮らし方をして来られた方は、溢れる情報に溺れてしまって、ただただ不安になっているのだと思います。

きよさんが仰るように、お料理に費やした時間は荒波を乗り越える時のエネルギーを生み出してくれますから、企業で言えば先行投資をしていたようなものです。
こういう考え方ができるところが素晴らしいと思います。

なお、ここでいうエネルギーというのは、整理された氣であり、その氣が判断力や決断力を高めてくれることを意味します。
つまり、良い流れを導いてくれるんですね。

長くなってしまいましたが、この「良い流れ」を意識して毎日を送ることを、むそう塾ではおすすめしています。

 
 

【水の流れがお手本】

人の身体も人生も、水の流れとまったく同じです。
水はどこまでも自然(陰陽)に従って流れています。
しかし、流れが滞ればたちまち問題が発生します。
私たちが生きるお手本は、こうして自然界が教えてくれています。
そこから学ぶか、無視するかはあなた次第ですね。
マクロビオティックは自然界からの学び方を、陰陽を使って気づく方法をお伝えしています。

 
 

(京都 貴船神社にて)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 食べたもののようになる, こころ・想い, 体験談 | 2件のコメント

第316次「むそう塾 パスポート取得者」を発表します

<第316次 むそう塾 パスポート取得者>

Ucさん(134-2) (2020.7.26受講)

<寸評>

◆中川善博より
よく毎日がんばりました。
トライ・アンド・エラーを繰り返して経験値を上げていくのが練習の王道です。
しっかり「なぜこうなるのか」が頭と身体に染み込んだと思います。
昔からたべていたかのように毎日召し上がってください。
100日食べて違う自分に逢いましょう。
味噌汁と漬物をセットで召し上がることで玄米ご飯の効力がブーストされるのです。
おめでとうございます。

◆マクロ美風より
陽性の見本のようなあなたが、人生で体験したことのないような小さな火加減を操るのは、とても神経を使う細かな作業だったと思います。
「火加減ってそこまで研究するのか!」というのが正直なご感想だったのではないでしょうか。でも、中川式のお料理はそこまで火加減を追求します。
いえ、火加減だけでなくすべてのことに。
その結果、あの絶品お料理が誕生するのです。

マクロビオティックでは使い古された言い方ですが、「人は食べたもののようになる」という言葉を改めてあなたに贈ります。
お酒も本当に必要なのか? お酒の陰陽は? 陰性をなぜ欲しくなる?
そんなことを順序よく理解していけば、あなたはもっと健康的で上手な身体の使い方が出来るようになりますよ。
同期のあっこさんと一緒に、幸せコースで学べたらいいですね。
陰陽の特長をよく理解できることでしょう。
パスポートの取得、おめでとうございます!

 
 

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生作品の玄米ご飯)

 
 

【関連記事】
「マクロビオティック京料理教室  むそう塾」の玄米炊飯指導の過去記事はこちら、パスポート取得者発表の過去記事はこちらのカテゴリーからご覧いただけます。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 玄米の炊き方講座, むそう塾 パスポート発表 | 5件のコメント